かっこよさ、可愛さ満点!Honda CT125は働くカブのイメージをガラッと覆す現代クオリティのカブシリーズ

バイクは一言ではまとめきれないほど様々なタイプのバイクがあります。
その中でも異質なのがカブシリーズ。

同じバイクですが、カブだけは少し他とは違った魅力があるバイクです。

今回はそんなカブのニューモデル、CT125をご紹介します!


CT125は過去にあったハンターカブのリバイバルモデル
スタイルは基本同じで中身は最新になっています。

なので最新型のバイクなんですが、どこか古めかしい雰囲気もあるのが面白いところ

カブって適度におもちゃみたいな可愛らしさがあるのも人気の秘密。
発表されたのは去年ですが、今は人気殺到中で納車待ち状態だとか。

赤のほうがハンターカブらしいですが、マットブラウンもカジュアルでかっこいいカラーです。

エンジンはホンダ伝統の横置き空冷125

カブ、モンキーといえば横置き、と言われるほど古くから採用されているタイプのエンジンです。

オンロードはもちろん、オフロードも走れるのがCT125の特徴なのでマフラーはサイドアップ

最近スクランブラーの流行もあってか純正でサイドアップマフラーのバイクが増えてきてますが、迫力あってかっこいいですよね!

ライト類はLEDになっています。
全体が古めかしい雰囲気なのでLEDが違和感ありそうと思ってましたが、実車はすごくキレイにまとまってます。

おまけに夜でも結構明るくて視認性抜群!

メーターはシンプルで1つにまとまっています。

普通のバイクより取り付け位置が低いので、乗っているときの視野が広いのもいいところ

純正でリアにキャリアが付いているのもカブならではの嬉しいところです。

しかもかなり大きいのでキャンプ道具を積んだり、パニアボックスを載せてしまうのも余裕です。

オフロードも走れる


先程も話に出ましたが、CT125はオフロードも走れるバイク。
純正で前後ともにセミブロックパターンのタイヤを採用しています。

あくまでセミブロックなので本格的ではありませんが、ちょっとした砂利道や土、砂の上でもある程度はグリップしてくれるので、カブだったら十分な性能。

車体サイドからキャリアに繋がっているダクトはエアクリーナーダクト。
これは過去のハンターカブも採用していた機能で、理論上はキャリアの下までは水が来ていても走れます

普通のバイクと違ってオフロードバイクのように上の方から空気を吸っているので、川の中でもある程度は走ってくれるという本気度。
純正のままでも、オフロードカスタムしても楽しめそうなバイクです!

CT125の詳しい情報はこちら!

カブは今最も注目している人が多いと言っても過言ではないバイク。
年齢限らず免許取り立ての若者ライダーからベテランライダーまで同じテンションで楽しめるのがカブなんです。

次回はその魅力を探るため、試乗インプレッションをお届けします!