昨年唯一2勝を記録しランキング3位。今季は更なる飛躍となるか坪井翔【2021年SFドライバー紹介】

 2021年シーズンの全日本スーパーフォーミュラ選手権は4月3〜4日に富士スピードウェイで開幕を迎える。第1戦を前に、2021年シーズンを戦うスーパーフォーミュラのドライバーたちのこれまでのレースキャリアやドライバーとしての特徴などを紹介する。今回は昨年最多勝となる2勝を記録した坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)だ。

 今年でスーパーフォーミュラ参戦3年目を迎える坪井翔。昨シーズンに唯一2勝を挙げたドライバーとして、2021年はライバルからも警戒されているドライバーのひとりだ。

 2015年にFIA F4でチャンピオンを獲得し、2016年に全日本F3選手権にステップアップ。3シーズン目となった2018年には、19戦中17勝を挙げる快挙でシリーズチャンピオンを手にした。またF3時代には2017年に出場したマカオGPで、ソフィア・ソルーシュのマシンがコースを飛び越えて防護フェンスに激突するクラッシュが発生したが、その時に、ジャンプしたソルーシュの真下にいたのが坪井だったということで、思わぬかたちで注目を集めることとなった。

 2019年からスーパーフォーミュラに参戦を開始するとともに、スーパーGTのGT500クラスデビューも果たした。両カテゴリーともに時より光る速さをみせ、スーパーフォーミュラでは第4戦富士で2位表彰台を獲得。スーパーGTでも第4戦タイで3位に入り、ルーキーイヤーから活躍を見せた。

 2020年には、より頭角をみせ、スーパーフォーミュラでは第2戦岡山でチームメイトの石浦宏明とのバトルを制し、念願の初優勝をマーク。パルクフェルメでは、思い切り拳に力を入れてガッツポーズをみせていた。さらに最終戦の富士は大混戦のバトルを制し、シーズン2勝目を記録。この年は3度のリタイアがあるなど浮き沈みの多い展開となったが、最終的にランキング3位で終えた。

 またスーパーGTでも2020年はアグレッシブな走りを随所で披露し、3度の表彰台を獲得する活躍を見せ、2021年はライバルからも一目置かれる存在となっている。

 彼も、この2カテゴリー以外のレースに積極的に参加しており、スーパー耐久では昨年ST-4クラスでチャンピオンを獲得、インタープロトシリーズでも2019年に逆転でチャンピオンを手にするなど、マルチに活躍中のドライバーだ。

■スーパーフォーミュラ:2020年シーズン戦績

出場:7回
優勝:2回
2位:0回
3位:0回
ポールポジション:0回
エンジン:トヨタ
獲得ポイント:50
獲得有効ポイント:50
ランキング:3位

坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)
坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)
坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)
坪井翔(P.MU/CERUMO・INGING)