EWC:ル・マン24時間が延期に。病院が新型コロナの影響で圧迫されているため

 FIM(国際モーターサイクリズム連盟)は4月2日、フランスで4月17~18日に開催予定だったFIM世界耐久選手権(EWC)第1戦ル・マン24時間耐久ロードレースを延期すると発表した。

 ル・マン24時間の延期決定は、サーキットが位置しているサルト県の病院や医療現場が新型コロナウイルスの影響で圧迫されている状況から、レースを安全に開催することができないとFIM、ユーロスポーツイベント、EWCのプロモーターおよび主催者のACO(フランス西部自動車クラブ)などによる話し合いで決断された。

EWCル・マン24時間耐久ロードレース
EWCル・マン24時間耐久ロードレース

 現在、ル・マン24時間のリスケジュールが検討されており、詳細は10日以内に発表するという。それにより、5月23日のオッシャースレーベン8時間耐久ロードレースが開幕戦となる可能性がある。

 また、鈴鹿8時間耐久ロードレースも先日延期され、11月5~7日にEWC最終戦として開催することが発表されている。