欧州TCRマシンを彷彿とさせる硬派な86/BRZ用ボディキットが鮮烈初披露【東京オートサロン2021】

■GP SPORTS新作ワイドは空力にも効くレーシーフォルム

9.5Jのホイールをすっぽり飲み込む
9.5Jのホイールをすっぽり飲み込む

いにしえより、金属加工のエキスパートが集積する地位である新潟県・燕三条エリアを拠点とする職人集団GPスポーツから、トヨタ86前期用の新作ボディキットがリリースされ、オートサロンTV撮影に登場しました。

近年のワイド化のトレンドをキャッチアップしたプロダクトですが、そのフォルムは既視感のない斬新さにあふれています。

モチーフとしたのは、欧州で熱いモータースポーツカテゴリー「TCR」。基本FFベースの車両が走るレースですが、各車フェンダーワークに独自性を凝らし、空力性能向上だけでなく見た目でも速さを演出しています。

前期を一気にアップデートできる
前期を一気にアップデートできる

TCRマシンのトレンドのど真ん中はスクエア感を強調したフロントフェンダーです。GPスポーツの新作キットも鋭角な峰が存在感を主張しています。フェンダー後方は製品ではフラット面になっていますが、ここはユーザーのアイディア次第でエアアウトレットやインナーグリルを後付けをしたりとオリジナリティを発揮できる余地があえて残されています。

給油リッドのエグリがワイド感を主張
給油リッドのエグリがワイド感を主張

このデモカーはマスター型のため無加工ですが、リベット留め風のスパルタンな見せ方もできるよう綿密に計算されています。スムージングし、おとなしめに仕上げるか、荒っぽいワイルドな仕上がりにするかはお好みに合わせてどうぞ。

ブレーキキットとトータルで揃えたい
ブレーキキットとトータルで揃えたい

出幅は片側50mmと、近年のワイドボディを見慣れた目には数値的なインパクトは薄いかもしれませんが、これからワイド化を考えているユーザーにとっては、差別化できるデザインが手に入ることのほうが何よりメリットです。

塗り分けを含め、自分らしいトータルの見せ方を想像するのも楽しいキットの登場です。

(文:畑澤 清志/写真:金子 信敏・畑澤 清志)

【車輌データ】

出展者名:株式会社新潟自動車工業

出展車両名:GP SPORTS 86

ベース車両:トヨタ86/装着パーツなど:GP SPORTS G-SONIC TCRボディキット、トラストタービンキット、EXAS EVO Tune、BRIDEシート、G-MASTER PREMIUMサスペンション、G-MASTERレーシングブレーキキット/ホイール:WORK M8R/ホイールサイズ:18×9.5J/タイヤ:VITOUR TEMPESTA ENZO/タイヤサイズ:265/35R18