フル参戦デビューで注目を集める昨年のSFLチャンピオン宮田莉朋【2021年SFドライバー紹介】

 2021年シーズンの全日本スーパーフォーミュラ選手権は4月3〜4日に富士スピードウェイで開幕を迎える。第1戦を前に、2021年シーズンを戦うスーパーフォーミュラのドライバーたちのこれまでのレースキャリアやドライバーとしての特徴などを紹介する。今回は全日本スーパーフォーミュラ・ライツ選手権のタイトル獲得を経て、今季のフル参戦を掴み取った宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)だ。

 今シーズンからスーパーフォーミュラにフル参戦する宮田莉朋。トヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム(TDP)のメンバーとして着々と力をつけ、2016年と2017年にFIA F4でチャンピオンを獲得。2017年から全日本F3選手権に参戦しタイトル争いも繰り広げたが、2018年は坪井翔とのチームメイト対決で敗れてしまう。2019年はシーズン8勝を挙げたが、中盤に車両規定違反で2度の失格裁定が下る不運もあって、チャンピオン獲得を逃してしまった。

 それでも諦めずに挑戦を続け、全日本F3から生まれ変わったスーパーフォーミュラ・ライツで念願のシリーズチャンピオンを獲得。今年は国内トップフォーミュラへのフル参戦が決まった。

 しかし、宮田は2020年の段階でスーパーフォーミュラを経験。WEC世界耐久選手権との兼ね合いで欠場を余儀なくされた中嶋一貴の代役として第2戦岡山と第4戦オートポリスにスポット参戦した。特にデビュー戦となった第2戦岡山では、事前テストもできておらず“ぶっつけ本番”という状況の中、予選Q2でトップタイムを記録。最終のQ3ではポールポジション獲得とはならなかったが、2レースとも決勝ではポイントを獲得し、関係者の評価も上々だった。

 2021シーズンはフル参戦のチャンスを掴み取った宮田。開幕前のテストでも時より上位に食い込む走りを見せており、今後期待の若手ドライバーのひとりとして、早くも大きな注目を集めている。

 加えてスーパーGTでも活躍しており、2018年にGT300クラスデビューを果たし、2020年にはGT500クラスへステップアップ。こちらも優勝を目指して、毎戦果敢な走りをみせている。そのほかにも、スーパー耐久や、インタープロト、86/BRZレースなど、様々なカテゴリーに挑戦している。

 プライベートでは、大のゲーム好きで有名で、テストやレースなどで遠征する際には、ゲーミングPCを欠かさず持ち歩くほど。グランツーリスモSPORTなどのレースゲームはもちろんのこと、FPSのゲームにもハマっている。

■スーパーフォーミュラ:2020年シーズン戦績

出場:2回
優勝:0回
2位:0回
3位:0回
ポールポジション:0回
エンジン:トヨタ
獲得ポイント:7
獲得有効ポイント:7
ランキング:17位

宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)
宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)
37 宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)
37 宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)
宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)
宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)