ハミルトン、F1バーレーンGPで最多リードラップ記録を更新。新記録となる5126周をマーク

 近年ルイス・ハミルトン(メルセデス)は、多くの人々が超えられることはないと考えていたミハエル・シューマッハーの記録を破ってきた。

 シューマッハーが68回のポールポジションを獲得した一方、ハミルトンはポールポジションを98回獲得した。シューマッハーは91回のグランプリで優勝を挙げたが、ハミルトンの優勝回数は96回(2021年第1戦バーレーンGP終了時点)。2位と3位を含めると、シューマッハーは表彰台に155回登壇し、ハミルトンは現在166回の表彰台フィニッシュを達成している。

 このふたりの才能溢れるドライバーは、もちろん7度の世界チャンピオンであるという点で肩を並べている。

 第1戦バーレーンGPでの42周目は、F1世界選手権におけるハミルトンのリードラップ5112周目にあたる。これによりシューマッハーの最多リードラップ記録5111周は破られた。ハミルトンは合計でリードラップ5126周を走行して、新たな記録を打ち立てた。

 シューマッハーとハミルトンが達成した記録は、非常に壮大なものだ。しかしこれらの記録は全体像の中で捉えなければいけない。シューマッハーがレースをしていた時、1シーズンあたりのレース数は通常16戦程度だった。現在ハミルトンは1年に20戦以上のレースで戦っている。 

 1950年代にレースをした伝説のファン・マヌエル・ファンジオの頃は、1年のレース数は8戦か9戦だった。ファンジオは51戦中24戦で優勝した。勝率は47.06%だ。シューマッハーは307戦中91戦で優勝し、勝率は29.64%。ハミルトンは267戦中96戦で優勝し、勝率は35.96%となっている。

ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第1戦バーレーンGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第1戦バーレーンGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝
2021年F1第1戦バーレーンGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)が優勝
ルイス・ハミルトン(メルセデス)
2021年F1第1戦バーレーンGP ルイス・ハミルトン(メルセデス)