F1を経て国内で2度のタイトルを獲得。今季は現役最年長選手の中嶋一貴【2021年SFドライバー紹介】

 2021年シーズンの全日本スーパーフォーミュラ選手権は4月3〜4日に富士スピードウェイで開幕を迎える。第1戦を前に、2021年シーズンを戦うスーパーフォーミュラのドライバーたちのこれまでのレースキャリアやドライバーとしての特徴などを紹介する。今回はこれまで国内トップフォーミュラで2度のタイトルを獲得したほか、ル・マン24時間レースを3連覇している中嶋一貴(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)だ。 

 日本人初のフルタイムF1ドライバーとして知られる中嶋悟の息子であり、ル・マン24時間レースで3連覇を果たすなど、世界的に活躍しているドライバーのひとりである中嶋一貴。

 ホンダのバックアップを受けていた父とは異なり、トヨタ・ヤングドライバーズ・プログラム(TDP)のメンバーとなり、トヨタのサポートを受けてF1へステップアップ。2008年と2009年の2シーズンに渡ってウィリアムズからフル参戦し5回の入賞も果たした。しかし、2年目の2009年は上位に食い込むことができず、シートを失うこととなった。

 2012年からWEC世界耐久選手権に参戦するトヨタのメンバーに選ばれ、世界の舞台で活躍を続けている。同シリーズの1戦にもなっているル・マン24時間レースでは2014年に日本人初のポールポジションを獲得するなど、毎年活躍を見せたが、優勝には手が届かず。2016年には残り10分を切るところまでトップを快走したが、まさかのトラブル発生で悲願達成を果たせないなど、数々の悔し涙をのんできた。しかし、2018年に初の総合優勝を獲得すると、それ以降も勝利を重ねて、現在はル・マン24時間レースで3連覇中だ。

 並行して2011年からは日本のレースにも本格復帰し、フォーミュラ・ニッポン/スーパーフォーミュラでは2012年と2014年にシリーズチャンピオンを獲得。現在もKuo VANTELIN TEAM TOM’Sからレギュラー参戦を続けている。

 スーパーGTは2005年にGT300クラスに参戦し1勝をあげているほか、GT500クラスでも合計7シーズンに参戦。7勝を挙げて、2013年にはランキング3位を獲得している。ただ、WECとの日程重複の兼ね合いで欠場するレースもあり、2020年からはWECに専念するために、再びGT500からは離れている状況となっている。

 今シーズンもスーパーフォーミュラとWECに参戦するため、日本とヨーロッパを行き来する多忙な日々が続くことになるが、今でも維持されている速さと安定感あるレース運びから目が離せない。

■スーパーフォーミュラ:2020年シーズン戦績

出場:5回
優勝:0回
2位:1回
3位:0回
ポールポジション:0回
エンジン:トヨタ
獲得ポイント:25
獲得有効ポイント:25
ランキング:11位

2021年スーパーフォーミュラ富士公式テスト 中嶋一貴(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)
2021年スーパーフォーミュラ富士公式テスト 中嶋一貴(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)
2021年スーパーフォーミュラ富士公式テスト 中嶋一貴(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)
2021年スーパーフォーミュラ富士公式テスト 中嶋一貴(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)
2021年スーパーフォーミュラ富士公式テスト 中嶋一貴(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)
2021年スーパーフォーミュラ富士公式テスト 中嶋一貴(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)