合同テストでも好タイムをマーク。昨年のリベンジを果たせるか平川亮【2021年SFドライバー紹介】

 2021年シーズンの全日本スーパーフォーミュラ選手権は4月3〜4日に富士スピードウェイで開幕を迎える。第1戦を前に、2021年シーズンを戦うスーパーフォーミュラのドライバーたちのこれまでのレースキャリアやドライバーとしての特徴などを紹介する。今回は昨年ドライバーズランキング2位を獲得した平川亮(carenex TEAM IMPUL)だ。 

 昨年は山本尚貴とともに最終戦までチャンピオン争いを繰り広げた平川亮。2012年にフォーミュラ・チャレンジ・ジャパン、全日本F3選手権でチャンピオンとなり、翌2013年からスーパーフォーミュラにステップアップ。開幕前の鈴鹿公式テストではいきなりトップに迫る好タイムを叩き出し、関係者を驚かせた。

 そのままルーキーイヤーから活躍も期待されたが、シーズンに入ってからは思うように結果を残すことができなかった。2016年からはヨーロピアン・ル・マン・シリーズやル・マン24時間レースに参戦することが決まり、一旦はスーパーフォーミュラを離れたが、2018年にTEAM IMPULから復帰。2019年の第5戦もてぎで、参戦5シーズン目にして待望の初優勝を飾った。

 2020年は開幕戦もてぎでのポール・トゥ・ウィンをはじめ、序盤から好成績を収めていたが、中盤に無得点のレースが2戦続いた。最終戦では山本尚貴との直接対決で惜敗し、ランキング2位に終わった。

 2021年も引き続きcarenex TEAM IMPULから参戦。昨年のリベンジを果たすべく、開幕前のテストから速さをみせている。

 並行して参戦しているスーパーGTでは、デビュー以降TOM’Sで活躍。2017年にはニック・キャシディとともにGT500チャンピオンを獲得したが、それ以降は悔し涙をのむシーズンが続き、全てランキング2位で終えている。特に昨年は、最終戦トップを快走するも、最終ラップの最終コーナーを立ち上がったところでガス欠に見舞われてしまい、ゴール直前でチャンピオンを逃してしまった。こちらも、2021シーズンは王座を奪還するべく、準備を進めている。

 また現在はレッドブル・アスリートの一員として、ヘルメットには大きなレッドブルのロゴが入っているほか、レッドブルのキャップも常に着用している。

■スーパーフォーミュラ:2020年シーズン戦績

出場:7回
優勝:1回
2位:1回
3位:0回
ポールポジション:2回
エンジン:トヨタ
獲得ポイント:60
獲得有効ポイント:60
ランキング:2位

2021年スーパーフォーミュラ富士公式テスト 平川亮(carenex TEAM IMPUL)
2021年スーパーフォーミュラ富士公式テスト 平川亮(carenex TEAM IMPUL)
2021年スーパーフォーミュラ富士公式テスト 平川亮(carenex TEAM IMPUL)
2021年スーパーフォーミュラ富士公式テスト 平川亮(carenex TEAM IMPUL)
2021年スーパーフォーミュラ富士公式テスト 平川亮(carenex TEAM IMPUL)
2021年スーパーフォーミュラ富士公式テスト 平川亮(carenex TEAM IMPUL)