RSC第3戦は新型コロナ感染拡大で1週間延期に。州境封鎖でチームが移動できず

 4月10~11日の週末に2021年シーズンの第3戦を開催予定だったRSCレプコ・スーパーカー・チャンピオンシップだが、オーストラリアはクイーンズランド州の州都、ブリスベンでの新型コロナウイルス(COVID-19)感染拡大により、タスマニアのシモンズプレインで実施予定だったスーパースプリント戦を1週間延期することを決定した。

 南半球を代表するツーリングカー・シリーズのRSCは、名物サーキットのマウントパノラマで開催された今季開幕戦の前から、公式合同テストを分割して開催するなど移動制限への対応策を講じてきた。しかし、そのテストの一部ではCOVID-19の余波で5日間の延期を強いられるなど、新シーズンも引き続きウイルスの猛威に翻弄されている。

 さらに第2戦を経てタスマニア島に向かう予定だったチーム一行は、今回のクイーンズランド州の移動制限措置を受け、ブリスベンを拠点とするチームとスタッフが検疫強化と隔離制限への対応を求められたことから、シリーズとしてロックダウン措置が明けるまで1週間の猶予期間を設けることとした。

 RSCシリーズの声明によれば、現時点でファンの動員はそのままスライドで実施される予定で、これ以上のイベント遅延は「考慮していない」という。

 ステートメント序文には「現在、ブリスベンでのCOVID-19の感染状況に照らし、スーパーカーは次戦となる『Beaurepaires Tasmania SuperSprint(ビューリペア・タスマニア・スーパースプリント』の開催を1週間遅らせるという予防的決定を下しました」と記された。

「同イベントは代替日程を4月17~18日の週末に決め、レースウイークのためにすでに購入されたすべてのチケットは、引き続き新しい日付に対し有効です」

「COVID-19パンデミックの発生以来そうであったように、スーパーカーのスタッフとすべてのレースチームは、イベント参加に向けた移動と、現地において適用されるすべての州政府規制を遵守します」

「スーパーカーはすべてのファンの継続的な理解と協力に感謝し、ご不便をお掛けすることを改めてお詫び申し上げます。今後数週間のうちに、タスマニアで開催される安全なイベントにファンの皆さまをお迎えできることを楽しみにしております」

トリプルエイト・レースエンジニアリングやディック・ジョンソン・レーシングなどが移動制限の影響を受けるかたちに

■F1オーストラリアGPでの併催イベント実施を模索

 この措置で最も影響を受けたのが、完全にブリスベンに拠点を置く唯一のチームであるホールデン陣営トップチーム、トリプルエイト・レースエンジニアリングで、クイーンズランド州内ではライバル陣営のディック・ジョンソン・レーシング(DJR)とマット・ストーン・レーシング(MSR)も、ゴールドコースト近郊に位置するファクトリー勤務のため、市内に多くのスタッフが在住している。

 また、シリーズカレンダーにまつわる情報として、2021年は11月19~21日開催予定のF1オーストラリアGPにて、ふたたびRSCが併催イベントとしてメルボルンのレースウイークに加わる可能性が出てきている。

 地元モータースポーツ専門サイトの『speedcafe.com.』によれば、現在メルボルン・グランプリ・コーポレーションと協議中のRSC運営側は、11月のGPイベントに向け「話し合いを始めている」ことを明かした。

「我々シリーズは、できる限りそのF1イベントをサポートしたいと思っている。グランプリは素晴らしいお祭りだと思っているからね」

「長年、彼らとは素晴らしい関係を築いて来たし、サポートカテゴリーの代表としてF1のレースウイークに参加するのはいつだって素晴らしいことだ。そのため、引き続きAGPCと可能性を探りつつ対話を続けていくつもりだ」

 この契約が実現した場合、2021年カレンダーで11月6~7日に入るオークランド戦と、12月3~5日の最終戦ゴールドコーストとの間に入る日程となるが、数年前までのエキシビジョン戦となるか、近年のようなチャンピオンシップ・ラウンドとなるかは、まだ未定となっている。

2021年は11月に開催予定のF1オーストラリアGP。ふたたびスーパーカーとの饗宴は実現するか