2種類の特別色を採用した『フィアット500』の限定車“エレガンツァ”が4月10日発売

 上質感を演出する2種類の特別なボディカラーとクロームアクセントを合わせて、気品ある仕上がりを見せる現代の“イタリアの国民車”こと『フィアット500(チンクエチェント)』の限定車、Eleganza(エレガンツァ)が登場した。明るいアイボリー基調のインテリアにもボディ同色のアクセントカラーを配色し、200台限定で4月10日からの発売が予定されている。

 次期型ではフル電動モデルへのシフトを表明し、すでにモデル末期を迎えている現行『フィアット500』に、恒例の限定モデルが設定された。

 今回は、特別なボディカラーを採用するなどして上質感を高めたモデルで、車名には“エレガント”を表すイタリア語を冠するなど、内外装ともに“上質2をキーワードとした。

 すでに国内ではカタログモデルとして終売した1.2 Lounge(ラウンジ)がベースとなり、名機としてフィアットのコンパクトカーを牽引し続けて来た1.2リッター直列4気筒自然吸気エンジン(69PS/102Nm)に、上級モデル同等の充実した装備を組み合わせる。

 その主な内容として、明るい照射により安全運転に寄与するバイキセノンヘッドライト、クロームアクセント付の前後バンパー、スタイリッシュな15インチアルミホイールなどが備わり、高輝度処理が施されたアクセサリーが特別なボディカラーと相まって気品ある雰囲気を高めている。

 注目のボディカラーには、通常設定のないエピックブルー(限定100台)と、ボルドー(同100台)が用意され、街中で高い存在感を放つ文字どおり“エレガント”な色味とした。

 一方のインテリアも、エピックブルーまたはボルドーのボディ同色インストルメントパネルがアイボリー内装のアクセントとなり、明るさと上質感が融合した雰囲気に。さらにベースモデル同様のガラスルーフが装備され、開放感のある居住空間を実現している。

 さらに花粉フィルター付フルオートエアコンやBeats(ビーツ)製オーディオシステム、リアパーキングセンサーなど装備も充実し、価格は220万円(税込)となっている。

ボディカラーには、通常設定のないエピックブルー(限定100台)と、ボルドー(写真/同100台)が用意された
ボディ同色インストルメントパネルがアイボリー内装のアクセントとなり、明るさと上質感が融合した雰囲気に
花粉フィルター付フルオートエアコンやBeats(ビーツ)製オーディオシステム、リアパーキングセンサーなども装備する
さらにベースモデル同様のガラスルーフも装備され、開放感のある居住空間を実現

公式サイト:https://www.fiat-auto.co.jp/limited/eleganza/