SBK:ヤマハ、2021年型YZF-R1を公開。野左根航汰も最新スペックマシンをライド

 3月30日、スーパーバイク世界選手権(SBK)に参戦しているヤマハは、2021年シーズンに使用するヤマハYZF-R1を公開した。

 ヤマハのファクトリーチームはトプラク・ラズガットリオグルが継続参戦、昨年のスーパースポーツ世界選手権(WSS)チャンピオンであるアンドレア・ロカテッリが新たに加入する。

 今年はビジネスモデリングソフトウェアメーカーのBRIXXが共同タイトルパートナーとしてチームをサポートするため、パタ・ヤマハ with BRIXX ワールドSBKとして参戦する。

2021SBK:トプラク・ラズガットリオグル(パタ・ヤマハ with BRIXX ワールドSBK)が駆るヤマハYZF-R1
2021SBK:トプラク・ラズガットリオグル(パタ・ヤマハ with BRIXX ワールドSBK)が駆るヤマハYZF-R1
2021SBK:野左根航汰(GRTヤマハ・ワールドSBKチーム)が駆るヤマハYZF-R1
2021SBK:野左根航汰(GRTヤマハ・ワールドSBKチーム)が駆るヤマハYZF-R1

 また、ヤマハのジュニアチームとして位置づけられていたGRTヤマハ・ワールドSBKジュニアチームは、今年はGRTヤマハ・ワールドSBKチームとしてエントリーする。

 チーム2年目のギャレット・ガーロフが継続し、昨年の全日本ロードJSB1000チャンピオンの野左根航汰がSBKに初参戦する。さらに、マシンも最新スペックが供給される。

 2021年仕様のヤマハYZF-R1はブルーのカラーリングが引き継がれており、ワークスチームはBRIXXの赤が多く施された。

2021年SBKに参戦するヤマハ

2021年SBKに参戦するヤマハのギャラリーはコチラ