ネルソン・ピケJr.がSCB新体制発表。元世界王者の父がトヨタ・カローラを初テスト

 南米大陸を代表するツーリングカー選手権、SCBストックカー・ブラジルに参戦する元F1ドライバーのネルソン・ピケJr.が、2021年に向けて新たなチーム体制を発表した。マウリシオ・フェレイラ率いるフルタイム・スポーツからエントリーしてきた33号車のトヨタ・カローラは、新たにピケ・スポーツからの参戦となり、世界的潤滑油企業のモチュールがメインスポンサーに就任。そのアナウンスに際し、ピケJr.の父である3度のF1世界王者ネルソン・ピケが初めてストックカーのステアリングを握っている。

 2014年SCB王者のルーベンス・バリチェロを筆頭に、同じくF1経験者のリカルド・ゾンタらを擁する参戦2年目のTOYOTA GAZOO Racing・ブラジル陣営だが、2月末にはテキサコ・レーシング・チームのドライバーとして、2004年の北米インディカー・シリーズ王者であり、2013年には世界3大レース『インディ500』を制覇したトニー・カナーンの電撃参戦が決定。シボレー陣営からフェリペ・マッサのフル参戦が決定していることもあり、2021年のSCBは豪華な顔ぶれがグリッドを埋めるシーズンとなる。

 そんななか、近年はテキサコ・レーシングから参戦してきたピケJr.の去就が注目されていたが、3月28日にブラジル・サンパウロ郊外に位置するシルクイート・パナメリカーノでラウンチ・エキシビジョンが開催され、かつて欧州でも活動したMX・ピケ・スポーツ・チームからピケJr.のSCB参戦がアナウンスされると同時に、3度のF1チャンピオンによるデモンストレーション走行が実現した。

 同イベントではチーム体制も発表され、ピケ・スポーツブランドのブラジルへの復帰は、MOTULを筆頭にヘルスケア企業のPrevent Senior(プリヴェント・シニア)、そして自動車部品を手掛けるAutotrac(オートトラック)からの支援により可能になったという。

 2000年代初頭にピケJr.のシングルシーター移行を支援する目的で、偉大な父が創設したピケ・スポーツは、息子とともにイギリスF3でタイトルを獲得したのちGP2へとステップアップ。現在はF2へと発展したカテゴリーで、当時のピケJr.は最終戦までルイス・ハミルトンとのタイトル争いを繰り広げた。

世界的潤滑油企業のモチュールがメインスポンサーに就任し、ヘルスケア企業のプリヴェント・シニア、そして自動車部品を手掛けるオートトラックも名を連ねる
これがストックカー初ドライブとなった3度のF1ワールドチャンピオン、ネルソン・ピケ

■3度のF1王者ピケ「さらにチャンスがあればマシンをシェアしようかな、とさえ思ったよ(笑)」

 その後、チームは同じ南米ベネズエラ出身のパストール・マルドナドとともにGP2での王座を獲得し、2010年にヨーロッパでの活動を終了することに。近年は北米でのレーシングカート活動に積極的に取り組んできた。

 そして今回ブラジルへの凱旋復帰に際してピケJr.はその役割を逆転させ、タイトルを狙う新しいカローラのシェイクダウンを父に託すことを決め、3度のワールドチャンピオンは初のストックカー・ドライブの機会を得た。

「私たちが欧州のF3シーンに参戦したとき、このチームは大いなる成功を収めた。今日まで海外のチームとドライバーの組み合わせが、イギリスF3で英国人を打ち負かしたのは2例しかないんだ」と、データも交えながら説明したネルソン・ピケ御大。

「現在のストックカーは非常にコンペティション・レベルが高いうえテスト制限もあり、何十年も成功しているトップチームに追いつくのは至難の技だ。しかし私たちは過去にそれを成し遂げた実績がある」と続けたピケ。

「今日はとてもよい1日だったよ。これまでストックカーをドライブした経験がなく、この機会にとても満足できた。今年はさらにチャンスがあれば、ネルシーニョとマシンをシェアしようかな、とさえ思ったよ(笑)。私とこのプロジェクトを信じてくれたトヨタやモチュールに改めて感謝したい」

 一方、父のシェイクダウンに同席したピケJr.は、その特別な瞬間を息子らしい愛情を持って見守ったことを明かした。

「誰かが新しいレースカーを初めてドライブするのを見ると、ほとんどのレーシングドライバーは風邪を引いたかのようにお腹が痛くなるものだが、それが僕の新しいチームのマシンであり、父が初めて運転するストッカーだけに、なおさら腹痛が増したよ(笑)」と笑顔を見せた、初代フォーミュラE選手権王者でもあるピケJr.。

「メカニックやエンジニアからスポンサーまで、ピケ・スポーツ・プロジェクトの周囲に非常にやる気のあるメンバーを集めることができてうれしい。全員が同じ目標で団結していると信じているし、素晴らしいシーズンが過ごせるはずだ。数周を走り終えた後の父のように、2021年はハッピーな気分で使命を果たせると思っているよ」

これでTGR陣営には、ルーベンス・バリチェロ、リカルド・ゾンタ、トニー・カナーンと、ビッグネームが揃った
「父が初めて運転するストッカーだけに、なおさら腹痛が増したよ(笑)」とシェイクダウンを見守ったピケJr.(左)