富士スピードウェイの魅力をPRするイメージガール『クレインズ』第16期メンバーが発表

 富士スピードウェイは3月30日、同サーキットのイメージガールを務める2021年の『クレインズ』第16期メンバーを発表した。今年は高橋真以(たかはしまい)さん、佐久間あゆみ(さくまあゆみ)さん、秋澤うらら(あきざわうらら)さんの3名がクレインズを務める。

 富士スピードウェイやレースの魅力を発信するべく、2006年に誕生したクレインズ。レースウイークの場内放送やピットウォークはもちろん、サーキット内外でもレースの魅力や観戦の楽しさなどをPRする活動を行っている。

 そんなクレインズの第16期メンバーが発表され、今年は高橋さん、佐久間さん、秋澤さんの3名が就任。今後さまざまな活動を通じて、富士スピードウェイの魅力を発信していくことになった。

 2年連続でクレインズを務める高橋さんは、「今年もみなさんとお会いすることができて嬉しいです! 毎年進化する富士スピードウェイの魅力をより多くの方に知っていただき、富士スピードウェイを元気一杯に盛り上げていけるよう頑張ります! よろしくお願いします!」と語っている。

 また、初めてのクレインズとなる佐久間さんは、「これからクレインズとして、富士スピードウェイの魅力を全力でお伝えするので、応援よろしくお願いします! みなさんと一緒に素敵な思い出を作れることを、今からとても楽しみにしています!! どうぞよろしくお願いします!」とコメント。

 そして現役の音大生だという秋澤さんも「富士スピードウェイやモータースポーツの魅力を発信していけるように一生懸命頑張ります! みなさんと一緒に富士スピードウェイを盛り上げていきたいです! みなさんに会えることを楽しみにしています! ぜひ応援よろしくお願いします!」と初のクレインズに対して意気込みをしている。

 元気一杯なコメントをしてくれた新生クレインズのサーキットデビューは、4月3~4日に開催される全日本スーパーフォーミュラ選手権第1戦となり、場内放送やステージ上でのイベントへの出演に加え、決勝レース直前のタイミングボード掲出など、サーキットを華やかに盛り上げてくれるはずだ。

夏用コスチュームを身にまとったクレインズ
夏用コスチュームを身にまとったクレインズ