開幕直前のエクストリームE、ジェンソン・バトン率いる「JBXEレーシング」はロータス・エンジニアリングとタッグ 【動画】

開幕直前のエクストリームE、ジェンソン・バトン率いる「JBXEレーシング」はロータス・エンジニアリングとタッグ 【動画】

JBXE Racing Extreme E

JBXEレーシング エクストリームE

今週末のサウジアラビアでエクストリームEが開幕

JBXEレーシングは、電動オフロードレースシリーズ「エクストリームE(Extreme E)」のテクニカルパートナーとしてロータス・エンジニアリングを迎えた。ロータス・グループのテクニカルコンサルタント部門であるロータス・エンジニアリングは、ジェンソン・バトン率いるエクストリームE参戦を技術面からサポートする。

JBXEレーシングチームの創設者であり、2009F1ワールドチャンピオンであるジェンソン・バトンと、ツーリングカーでの豊富な経験を持つミカエラ・オーリン-コトゥリンスキーは、今週末にサウジアラビアのアルーラで開催される「エクストリームE」の2021年開幕戦「デザート Xプリ(Desert X Prix)に参戦する。

チーム代表とドライバーも務めるジェンソン・バトンは、ロータス・エンジニアリングのサポートについて次のようにコメントした。

「ロータスはモータースポーツと切っても切れない関係にある、偉大な英国のブランドです。ロータス・エンジニアリングをJBXEに迎えることができて嬉しく思っています」

「エクストリームEは、“世界初”のチャレンジに満ちたユニークでエキサイティングなレースシリーズです。ロータスのようなブランドが我々との協業を発表することは、私自身とチームにとって誇りとなります。私たちは、この新しい技術的パートナーシップに興奮しています。今週末の最初のレースで、私たちができることをお見せするのが待ちきれません」

JBXEレーシングの代表とドライバーを務める、ジェンソン・バトン

バトンのエクストリームE参戦をロータスがサポート

ロータス・エンジニアリングは、モータースポーツにおける輝かしい歴史をバックボーンに持ち、最先端技術に関する豊富な知識や経験を有する技術集団。様々な自動車メーカーと様々な分野で革新的な取り組みを行っていることでも知られている。JBXEレーシングは、ロータス・エンジニアリングと協力して電動化技術を推進し、持続可能なソリューションの重要性を訴えていくという。

ロータス・カーズのマネージングディレクター、マット・ウィンドルは、次のようにコメントした。

「私たちは、電動化されたモータースポーツによる、エキサイティングな新時代を迎えようとしています。テクニカルパートナーとして、JBXEレーシングをサポートできることを嬉しく思います。EVレースの複雑な技術的課題はロータスにとっても魅力的です。私たちはEVハイパースポーツのエヴァイヤなど、10年以上にわたってスポーツカーを電動化してきた経験から得た知見をチームに提供することができます」

エクストリームEはフル電動オフローダーを用い、男女ペアのドライバーによって競うまったく新しいレース。ドライバーにはジェンソン・バトンを始め、ラリー界のレジェンドであるカルロス・サインツも参戦が決まっている。砂塵を巻き上げ激しい4輪ドリフトで荒野を走り抜ける様子は圧巻。その様子は是非動画で確認して欲しい。また、美女揃いのドライバーも一見の価値ありだ。