鈴鹿サーキット、国際レーシングコースのシケインを『日立Astemoシケイン』に名称変更

 3月30日、鈴鹿サーキットを運営するモビリティランドは、鈴鹿サーキット国際レーシングコースのシケインのネーミングライツを『日立Astemoシケイン』に名称変更すると発表した。

 国際的な名レーシングコースとして、国内外のレースで数多くの名勝負を生んできた鈴鹿サーキット。コースの中でもメインストレートに至る最終区間にあるシケインは、1989年のアイルトン・セナとアラン・プロスト等、F1をはじめ多くのレースでドラマチックな勝負を生んできたコーナーでもある。

 そんなシケインは、かつては『カシオトライアングル』という名称で親しまれていたが、2014年3月1日から日立オートモティブシステムズとのネーミングライツ契約が結ばれたことで『日立オートモティブシステムズシケイン』という名称に改められている。

 そして、日立オートモティブシステムズ、ケーヒン、ショーワ、日信工業が合併して2021年1月1日に『日立Astemo(アステモ)株式会社』が発足したことで、この3月30日より、鈴鹿サーキットのターン16および17のシケインは『日立Astemoシケイン』という名称に変更されることになった。

 同シケインのフェンスやバリアには、すでにスーパーGTや全日本ロードレース選手権のマシンと同様に、Astemoのブランドカラーであるレッドとブラックの看板が設置されており、新たな名勝負が『日立Astemoシケイン』で見られることにも期待したい。

■日立Astemoシケイン概要

対象箇所:鈴鹿サーキット国際レーシングコース『日立オートモティブシステムズシケイン』(シケイン)”(ターン16・17)
名称:和文表記『日立Astemoシケイン』
英文表記:『Hitachi Astemo Chicane』
名称使用開始日:2021年3月30日
ネーミングライツパートナー:日立Astemo株式会社