メルセデスが誇るハイパフォーマーAMG「C63 セダン」次期型、最大550hp発揮へ!

■四角いクワッドエキゾーストパイプで「C53」と差別化

メルセデス・ベンツの主力モデル、新型「Cクラス」の頂点に君臨するメルセデスAMG「C63 セダン」次期型プロトタイプをカメラが捉えました。

メルセデス AMG C63_005
メルセデス AMG C63 次期型プロトタイプ

北ヨーロッパで捉えた最新プロトタイプは、パナメリカーナグリルや巨大エアインテークをカモフラージュ。足回りには5本スポークホイール、巨大ブレーキローター、幅の広いホイールアーチなどが確認できるほか、ボンネットとトランクには奇妙な円形センサーを搭載しています。

メルセデス AMG C63_010
メルセデス AMG C63 次期型プロトタイプ

リアエンドには、四角いクワッドエキゾーストシステムをインストール。C53の円形パイプと差別化されています。

V8エンジンと決別するその心臓部には、最高出力414hpを2.0リットル直列4気筒エンジンと最高出力197hpを発揮する電気モーターを搭載、最新情報では出力合計で550hpまで高められる可能性があるといいます。

ハイブリッドシステムを搭載することにより従来のモデルより強力となりますが、重量が250kg(550ポンド)重くなるようです。それでも0-100km/h加速は3.5秒、EV後続65km(40マイル)のパフォーマンスを魅せます。

C63新型のデビューは早ければ2021年内となり、PHEVを示すために「C63e」を名乗る可能性があるようです。

(APOLLO)