シューマッハー「90%は満足。多くのことを学んだので、この経験を次に活かしたい」:ハース F1第1戦決勝

 2021年F1第1戦バーレーンGPの決勝レースが行われ、ハースのミック・シューマッハーは16位、ニキータ・マゼピンは単独スピンによりクラッシュを喫してリタイアでレースを終えた。

■ウラルカリ・ハースF1チーム
ミック・シューマッハー 決勝=16位

ミック・シューマッハー(ハース)
2021年F1第1戦バーレーンGP ミック・シューマッハー(ハース)

 概して言えば、90%は満足、10%は不満というところだ。セーフティカーランからのリスタートでミスをして、スピンしてしまったからね。幸いなことに、クルマに大きなダメージはなく、何の問題もなかったからそのまま走り続け、レースの週末を通じて獲得してきた経験をさらに重ねていった。その後、C3とC2の両方で走ってみたが、どちらもすごくいい感じだった。

 ちょっと残念なのは、集団のなかにいなかったので、数周だけでも他のドライバーたちを追ってみるというトライができなかったことだ。逆に良かったのは、ブルーフラッグなどをひと通り経験できたり、ニコラス(・ラティフィ)に追いつき、前のクルマに接近して、DRSを効かせるとどうなるかを体感できたりしたことだね。全体として、今日は多くを学んだと感じている。この経験を次のレースで活かし、何かしらポジティブなものにつなげたいと思う。

■ウラルカリ・ハースF1チーム
ニキータ・マゼピン 決勝=リタイア
 いたって単純な話だ。僕はミスをした。まあ、良くあることだよ。スタートはうまく決まって、アウトサイドのラインを取ってターン1に入った。そして、ターン2を抜けようとした時に、ミック(・シューマッハー)が真横にいたので、彼との接触を何とか避けようとしてパワーをかけすぎてしまった。タイヤがまだ温まっていなくて、ちょうど縁石の上でスロットルを開けすぎたから、タイヤがパワーを受け止められずスピンしたんだ。完全に僕のミスだよ。本当に悔しいし、チームのみんなにも申し訳ない。彼らは、もっといい結果で報いられるべき仕事をしてきたからね。それでも、何かしら持ち帰れるポジティブなことはあるし、いい勉強になったのは間違いない。

ニキータ・マゼピン(ハース)
2021年F1第1戦バーレーンGP スタート直後に単独スピン、ウォールにクラッシュしたニキータ・マゼピン(ハース)