アロンソ「F1に戻ってきて素晴らしい気分。昔からの仲間とのバトルを楽しんだ」:アルピーヌ F1第1戦決勝

 2021年F1第1戦バーレーンGPの決勝レースが行われ、アルピーヌのエステバン・オコンは13位、フェルナンド・アロンソはブレーキトラブルによりリタイアでレースを終えた。

■アルピーヌF1チーム
エステバン・オコン 決勝=13位

エステバン・オコン(アルピーヌ)
2021年F1第1戦バーレーンGP エステバン・オコン(アルピーヌ)

 望んでいたような結果ではなかったが、ポジティブな点が数多くあったのも確かだ。レースの大半を通じて、多くのクルマと楽しみながら戦い、ホイール・トゥ・ホイールのバトルができた。終盤のセブ(ベッテル)との争いも含めてね。彼はブレーキングでタイヤをロックさせて、僕をヒットしたんだけど、ちゃんと謝りに来てくれた。誰でもミスはするし、時としてああいったことが起きるものだ。

 全体として、今日はほんの少し何かが足りなかった。予選が良くなかったことも響いた。そうなるとレースで順位を上げていくしかないからだ。それでも、このレースで僕らのファイティングスピリットは示せた。それはとても重要なことだと思う。チームとして、次のレースに気持ちを切り替え、ポイント圏内に戻ることを目指すよ。

■アルピーヌF1チーム
フェルナンド・アロンソ 決勝=リタイア

フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)
2021年F1第1戦バーレーンGP フェルナンド・アロンソ(アルピーヌ)

 まず、F1のレースに戻ってくることができて、素晴らしい気分だった。スタートは楽しかったよ。いくつか順位を上げて、昔からの仲間とのバトルをエンジョイできた。だが、残念なことに、最後にチェッカーフラッグを見ることはできなかった。2回目のピットストップの後、リヤブレーキに問題が起きた。ブレーキダクトにデブリが入って、ブレーキがオーバーヒートしたんだ。

 レースを振り返ってみると、中団グループはものすごい僅差で、ほんのコンマ2〜3秒の差でも順位が大きく変わってしまう。とても競争が激しくて、観る人にとっても面白いシーズンになりそうだ。イモラでも全力を尽くして、ハードに戦うつもりだ。