【新型車実車レポート】ホンダ・N-ONE_見た目はほぼ変わらないけど乗ってみたら何が変わった!?

ボディパネルはそのままに中身を一新!
「RS」はスポーティな走りも楽しめる

HONDA/N-ONE
ホンダ/エヌワン 型式:2WD=JG3 4WD=JG4

NONE エヌワン 新車 レポート 試乗 インプレッション

N-BOXとN-WGNはモデルチェンジしたのに、売れ行きの芳しくないN-ONEは存続すら危ぶまれていたところ、ついにモデルチェンジを果たした。

一見すると初代と見分けがつかないほど似ている。それもそのはず、なんと中身だけ新しくして外身はボディパネルを初代から流用するという、前代未聞の手法をとったからだ。

逆にインテリアはガラリと変わり、必要なもの以外は大胆に削ぎ落とすことを念頭に、スッキリと伸びやかなデザインに変更された。前席がセパレートタイプになったのも新しい。

初代にあった標準ルーフが廃止されてロールーフのみとなったので、頭上空間の広さはそれなりだが、N-ONEはそれで問題ない。

グレードは4つに整理され、それぞれにふさわしいエンジンが組み合わされている。中でも注目はFFの軽自動車で初めて6速MTが与えられた「RS」だ。

7000rpmまで回るパワフルなターボエンジンをカチッとしたシフトフィールとともに味わえるほか、メーターもスポーツ心に応えるべく専用の表示となっている。加えてCVTも、より走りを楽しめるように専用にセッティングが施されている。

自然吸気エンジンもレスポンスが良く、市街地を中心に走るならあまりストレスを感じることもないはずだ。

足まわりの仕上がりも上々だ。上質かつスポーティな乗り味となっており、横力キャンセルスプリングも効いて快適性にも優れる。よりスポーティなチューニングの施された「RS」は、しっかりとした手応えのあるキビキビとしたハンドリングを楽しめる。

先進運転支援装備も全面刷新され、最先端の機能が与えられたのも歓迎だ。これぞまさしくファンが待ち望んだN-ONEの新しい姿ではないだろうか。


「【新型車実車レポート】ホンダ・N-ONE_見た目はほぼ変わらないけど乗ってみたら何が変わった!?」の1枚めの画像本革巻きのステアリングにシフトノブなど、専用装備にオレンジ色のアクセントが効果的な「RS」のインテリア。


「【新型車実車レポート】ホンダ・N-ONE_見た目はほぼ変わらないけど乗ってみたら何が変わった!?」の1枚めの画像

「RS」のシートはラックススエード×メッシュジャージーのコンビで、オレンジ色をあしらったスポーティな専用品だ。

VARIATIONS


「【新型車実車レポート】ホンダ・N-ONE_見た目はほぼ変わらないけど乗ってみたら何が変わった!?」の1枚めの画像Original

外装は、今回試乗した「RS」のほかにベーシックな「Original(オリジナル)」と質感を追求した上級グレードの「Premium(プレミアム)」系の3デザイン。「Premium Touror」は「Premium」のターボエンジン搭載車になる。

スタイルワゴン2021年4月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]