MotoGP第1戦カタールGP:開幕戦ウイナーはビニャーレス。一時後退から追い上げ、独走でチェッカー

 MotoGP第1戦カタールGPの決勝レースがロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、マーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)が開幕戦で優勝を果たした。中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は7周目に転倒を喫し、リタイアで終わっている。

 2020年シーズン、カタールでのMotoGPクラスのレースは新型コロナウイルス感染症の影響により中止となったため、2年ぶりのカタールGPである。この日はウォームアップセッション後、2月22日に新型コロナウイルス感染症によりこの世を去ったアプリリア・レーシング・チーム・グレシーニのチームオーナー、ファウスト・グレシーニを悼み、1分間の黙とうが捧げられた。

 決勝レースは気温20度、路面温度22度と週末の中では低めで、風が強く吹くコンディション。最高のスタートを切ったのはドゥカティのふたり。1コーナーにフランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)がトップで飛び込み、2番手にはジャック・ミラー(ドゥカティ・レノボ・チーム)が続く。さらにヨハン・ザルコ(プラマック・レーシング)、ルーキーのホルヘ・マルティン(プラマック・レーシング)と、ドゥカティがトップ4を占める。

 レースをリードするのはバニャイア。1周目を終え、早くも2番手のザルコに対し約0.7秒のギャップを築く。グリッドでは2番手から4番手までを占めていたヤマハ勢はスタートで出遅れて5番手以下に後退し、5番手にファビオ・クアルタラロ(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)、6番手にマーベリック・ビニャーレス(モンスターエナジー・ヤマハMotoGP)、7番手にバレンティーノ・ロッシ(ペトロナス・ヤマハSRT)が続く。

 3周目、クアルタラロがマルティンをオーバーテイク。マルティンはビニャーレスにも交わされ、6番手に後退する。トップのバニャイア、2番手のザルコ、3番手のミラーというドゥカティのトップ3を、クアルタラロとビニャーレスが追う展開。3周目にはクアルタラロが、さらに4周目にはビニャーレスがファステストラップを叩き出してトップ3のドゥカティライダーを追う。その間に、6番手のアレックス・リンス(チーム・スズキ・エクスター)、7番手のジョアン・ミル(チーム・スズキ・エクスター)が上位ライダーに迫り始めていた。

 5周目を終えて、トップのバニャイアと2番手のザルコ、3番手のミラーはそれぞれ約0.4秒の差を保って等間隔をキープ。ミラーのすぐ後方にはクアルタラロ、ビニャーレスが迫り、オーバーテイクのすきを伺っている状況が続く。クアルタラロは6周目の15コーナーでミラーをオーバーテイク。その先に待ち受けるメインストレートではドゥカティの加速が有利だったが、ミラーの追従を交わしてクアルタラロが3番手を守った。

 7周目、11番グリッドからスタートしてポジションを下げ、17番手付近を走っていた中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)が9コーナーで転倒。スリップダウンを喫し、開幕戦を転倒リタイアで終えることになった。

■残り8周でレースリーダーとなったビニャーレス

 8周目にはビニャーレスがミラーを交わし、ミラーは5番手に後退。6番手のリンスに背後まで迫られる展開となった。一方、ビニャーレスは4番手にポジションを上げることに成功する。3番手のクアルタラロと4番手のビニャーレスは接戦を繰り広げながら、トップのバニャイアと2番手のザルコを追う。

 ビニャーレスはクアルタラロにテール・トゥ・ノーズで走行を続け、11周目の1コーナーのブレーキングでクアルタラロをオーバーテイク。3番手に浮上すると、12周目には2番手のザルコをもとらえ、さらに前方を走るバニャイアに迫った。その差はすでにないに等しい。

 ビニャーレスが2番手に上がる間に、クアルタラロはミラー、リンスに交わされて6番手に後退し遅れ始める。残り10周、トップは変わらずバニャイア、2番手にビニャーレス、3番手にザルコ、4番手にミラー、5番手にリンスが続き、レース後半にしてこの5人がトップ集団を形成し始めた。

 ビニャーレスは残り8周、ついにトップのバニャイアをとらえた。バニャイアはここまでレースをリードし続けてきたが、後方のライダーを引き離すことができずにいたのだ。レースリーダーとなったビニャーレスは少しずつではあるが次第にアドバンテージを築き、約1周で0.5秒のギャップを広げた。ここまで0.1秒を切るトップ争いが展開されていたことを考えれば、大きな差だ。ビニャーレスはその後もじりじりとギャップを広げていく。

 2番手に後退したバニャイアは、さらにその残り6周、ザルコに交わされて3番手にポジションダウン。ザルコが2番手に上がった。さらにその後方では、チーム・スズキ・エクスターのふたりがポジションを上げていた。残り5周でリンスは4番手、ミルが5番手だったが、ミルがリンスを交わして4番手に浮上し約0.3秒先を走る3番手のバニャイアを追う。

 トップのビニャーレスは、終盤になってもペースをキープ。今大会ではすべてのライダーがフロント、リヤともにソフトタイヤを選択している。タイヤのコンパウンドによるアドバンテージは変わらない。ビニャーレスは独走体勢を築いてレースをリードし続ける。

 その後方では、ミルがバニャイアをとらえた。11番手からスタートしたミルだったが、今季も驚異の追い上げは変わらない。表彰台圏内のポジションにつけると、さらに2番手のザルコを追う。残りは2周。そしてその差はほとんどない。

 ラストラップに入って、ザルコとミルの差は約0.2秒。旋回性に優れるスズキGSX-RRを駆るミルが加速に勝るドゥカティ デスモセディチGP21に先んじてチェッカーを受けるには、コーナーが勝負になる。ミルは15コーナーでザルコのオーバーテイクに成功した。しかし、続く最終コーナーでミルはややラインを外し、はらんでしまう。立ち上がりからフィニッシュラインにかけて、ザルコとそのすぐ後方にいたバニャイアがスピードを乗せていく。立ち上がりで遅れをとったミルはなすすべなくこのふたりに交わされ、4番手でのチェッカーとなった。

 2021年シーズンの開幕戦ウイナーとなったのは、ビニャーレス。スタートで後退したものの、オーバーテイクを見せて力強い走りを披露し、優勝を飾った。2位は最後の最後にミルを交わしたザルコ。同じく最後のメインストレートでポジションを上げたバニャイアが3位でフィニッシュを果たした。

 最後まで表彰台争いを展開したミルは惜しくも4位。クアルタラロはリンスとの5位争いを制した。アプリリアのアレイシ・エスパルガロは7位でフィニッシュ。序盤からはポジションを落としトップ集団には加わることはできなかったが、2021年のポテンシャルを見せた。

 ホンダ勢の最上位はポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ・チーム)の8位で、KTM勢最上位はミゲール・オリベイラ(レッドブル・KTM・ファクトリーレーシング)の13位。ホンダとKTMは週末の流れを払しょくできないまま決勝レースを終えている。また、ルーキー勢最上位としてはエネア・バスティアニーニ(エスポンソラーマ・レーシング)の10位だった。

 第2戦ドーハGPは、同じくロサイル・インターナショナル・サーキットで翌週4月4日に決勝レースが行われる。

2021年MotoGP第1戦カタールGP決勝 優勝:マーベリック・ビニャーレス、2位ヨハン・ザルコ、3位:フランセスコ・バニャイア
2021年MotoGP第1戦カタールGP決勝 優勝:マーベリック・ビニャーレス、2位ヨハン・ザルコ、3位:フランセスコ・バニャイア