F1第1戦バーレーンGP予選トップ10ドライバーコメント(2)

 2021年F1第1戦バーレーンGPの予選が行われ、ポールポジション~5番手に入ったドライバーたちが土曜日を振り返った。ポールポジション~5番手に入ったドライバーはマックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)、ルイス・ハミルトン(メルセデス)、バルテリ・ボッタス(メルセデス)、シャルル・ルクレール(フェラーリ)、ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)だ。

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
ピエール・ガスリー 予選=5番手

2021年F1第1戦バーレーンGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)とシャルル・ルクレール、カルロス・サインツJr.(フェラーリ)
2021年F1第1戦バーレーンGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)とシャルル・ルクレール、カルロス・サインツJr.(フェラーリ)

 今日の自分のパフォーマンスにはとても満足している。このチームでのここまでの予選ベストポジションといえるもののひとつだからね。

 開幕戦に、これからのシーズンに向けて大きなポテンシャルを示すのは重要なことだ。今日の僕たちはそれを達成した。

 Q2をミディアムタイヤだけでアタックすることには大きなリスクがあった。でもうまくやることができたよ。このことを明日の決勝でアドバンテージとして活用したい。

 このスターティングポジションを最大限に利用するつもりだ。大きなチャンスが目の前にあるのは間違いない。チームのためにできるだけたくさんポイントを稼ぐことを目標に、全力を尽くしていく。

(F1公式サイトに対して語り)すべてが思いどおりにいった。明日は(4番グリッドを獲得したフェラーリのシャルル・)ルクレールといい戦いをしたいね。

(表彰台の可能性について聞かれ)冷静にいこう! 確かに大量得点のチャンスはある。だからテストで学んだことを役立てて、すべてのことを完璧に実行していくことが重要だ。わくわくしているよ。

■スクーデリア・フェラーリ・ミッション・ウィノウ
シャルル・ルクレール 予選=4番手

2021年F1第1戦バーレーンGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)
2021年F1第1戦バーレーンGP シャルル・ルクレール(フェラーリ)

 予選ペースに関しては自分たちの位置が分かった。このポジションは予想していなかったのでうれしい驚きを感じているが、今日のところは地に足をつける必要がある。まだ今年最初の予選だし、とても奇妙なコンディションでの走行だったからね。

 昨年からのチームの進歩には満足すべきだと思うし、これだけ前のグリッドを獲得できたのはいい気分だ。FP2とFP3ではマシンのフィーリングがつかめず苦労したが、ドライビングに関してかなり努力して、実のところ予選では思い通りのラップを刻める自信があった。

 明日に関しては自信があるけれど、難しいレースになるかもしれない。僕の周りのクルマはレースペースが良さそうだし、ミディアムタイヤでスタートするマシンを後ろに抑え続けるのは大変だろう。また、風のせいで簡単にはいかないだろうけど、これはほかのみんなにとっても同じことだ。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
バルテリ・ボッタス 予選=3番手

バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2021年F1第1戦バーレーンGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)

 テストの時よりはずっとうまくいった。予選のなかでどんどん感触が改善していった。少なくともテストの時よりはレッドブルに近づくことができたよね。明日は2台でレッドブル1台を相手に戦う。

 Q1でタイヤを2セット使わなければならなかったから、Q3には新品が1セットしか残っておらず、それが不利に働いた。

 それでもこのサーキットで3番グリッドスタートというのは悪くない。レースが楽しみだ。風が強いときなどは特に、レッドブルの方がマシンが安定しているようだ。でも僕らはトップ3のなかに2台入ることができたから、優勝争いが可能なのは間違いないよ。

■メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
ルイス・ハミルトン 予選=2番手

2021年F1第1戦バーレーンGP 予選後のルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタス(メルセデス)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第1戦バーレーンGP 予選後のルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタス(メルセデス)、マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 マックスはすごいラップを走ったね。約0.4秒というのはとても大きな差だから、僕らは頑張らないといけないね!

 Q1とQ2ではマシンの感触がよかった。最後の最後にやっと正しいセットアップを見つけ出すことができたんだ。でもQ3ではこのマシンからこれ以上のパフォーマンスを引き出すことができなかった。それでもエキサイティングな予選だったよ。

 チームの皆を心から誇りに思う。今のパッケージへの理解を深めるために、先週、懸命に作業にあたった。その結果、いくらか前進することができた。それでもマックスのあの最後のラップには太刀打ちできなかった。

 でも2番グリッドからスタートすることで、明日はレッドブルを苦しめることが可能だと思っている。

■レッドブル・レーシング・ホンダ
マックス・フェルスタッペン 予選=1番手

2021年F1第1戦バーレーンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第1戦バーレーンGP マックス・フェルスタッペン(レッドブル・ホンダ)

 ポールポジションを獲得できてとてもうれしい。こんな形でシーズンをスタートすることができたのは初めてのことだ。

(2020年最終戦)アブダビで優勝した後、チームの全員がより一層高いモチベーションをもって、必死に努力してきた。今日のポールでシーズン今後に何か保証を得られたわけではないけれど、サーキットに来ているスタッフ、ファクトリーで働くスタッフ、その全員がこのマシンを用意するために素晴らしい仕事をしてくれたのは確かだ。チームの全員がこの結果を誇りに思っていいと思う。

 ホンダも、いつもどおり、この冬にも懸命な取り組みを続けてくれた。彼らは常に全力を尽くしている。僕らと同様に、彼らも優勝したいという強い気持ちを持っている。彼らは大きな情熱を持っているから、一緒に働くのが楽しいんだ。この結果は、冬の間素晴らしい仕事をしてくれたホンダの功績によるところが大きい。

 テストを終えた段階では、自分たちのポジションを正確に知ることは難しい。予選で何が起きるのかは全く分からないんだ。でも今日、Q3で素晴らしいラップを走り、マシンに最高の感触を持てたので、満足していいと思う。

 明日、この仕事をいい形で締めくくる必要がある。スタートをうまく決めることができれば、いい仕事ができるという自信があるよ。