中上貴晶「1分54秒台をキープできたら、結果を出せるチャンスがある」/MotoGP第1戦カタールGP予選

 3月27日、2021年MotoGP第1戦カタールGP MotoGPクラスの予選がカタールのロサイル・インターナショナル・サーキットで行われ、中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)は11番手に入った。

 中上は現地時間15時15分に行われたフリー走行3回目で1分55秒085のタイムをマーク。セッションは暑いコンディションのなかで行われたため、前日に行われたフリー走行2回目の1分54秒199を上回ることができなかった。しかし、夜のセッションとなるフリー走行4回目では1分54秒891までタイムを改善し9番手。連続ラップでも力強い走行を見せている。

 予選Q1で中上は自己ベストとなる1分53秒577をマーク。トップタイムで予選Q2に進出した。Q2のアタックでは1分53秒721で11番手に入っている。このタイムはポールポジションを獲得したフランセスコ・バニャイア(ドゥカティ・レノボ・チーム)と0.949秒差だ。

 中上の予選11番手はホンダ勢最上位となり決勝での追い上げが期待される。MotoGP第1戦カタールGPの決勝レースは、日本時間3月28日の翌2時からスタートする。

■LCRホンダ・イデミツ
中上貴晶 予選11番手

「昨日から大きく前進することができたので、とてもうれしいです。Q1は厳しい戦いでしたが、ベストを尽くしました。最後の最後に1分53秒5を出すことができました。これは自己ベストなのでとてもポジティブです。昨日からうまくマシンの調整を進めることができました」

「マシンのフィーリングはFP4の連続ラップがよかったです。これは一番重要なことです。とてもうれしいですし、明日に向けて自信になりました。決勝では最後までベストを尽くします。1分54秒台をキープできたら、すばらしい結果を出せるチャンスがあると思います。いいスタートを切って、ミスしないことを願っています」

2021年MotoGP第1戦カタールGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2021年MotoGP第1戦カタールGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2021年MotoGP第1戦カタールGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2021年MotoGP第1戦カタールGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2021年MotoGP第1戦カタールGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2021年MotoGP第1戦カタールGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2021年MotoGP第1戦カタールGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)
2021年MotoGP第1戦カタールGP 中上貴晶(LCRホンダ・イデミツ)