シェイクダウンでいきなりたかのこの湯 GR Supra GTがトップタイム。「ポテンシャルはかなり高い」

 3月27日に富士スピードウェイでスタートしたスーパーGT公式テスト。GT300クラスでは、午後のセッション2でこの日がシェイクダウンとなったMax Racingの三宅淳詞/堤優威組たかのこの湯 GR Supra GTが1分36秒931というタイムをマーク。いきなりセッション首位で1日目を締めくくった。

 2020年からスーパーGTに参戦を開始したMax Racingは、初年度はスーパー耐久でも使用していたレクサスRC F GT3を使用。シーズン途中のクラッシュもあり、2021年は新たにGT300規定仕様のトヨタGRスープラにスイッチすることになった。

 しかし車両のデリバリーのタイミングで、3月6〜7日の岡山公式テストには参加することができず、今回の富士公式テストがまさにシェイクダウンとなった。チームはメンテナンスをつちやエンジニアリングとRS中春が担当するが、つちやエンジニアリング代表の土屋武士を今回第3ドライバーに据え、10時から行われた午前のセッション1に臨んだ。

 開始15分ほどは、トラブルもありなかなか周回することができなかったが、土屋がステアリングを握ったたかのこの湯 GR Supra GTは、まずは2分03秒978というラップでゆっくりと周回すると、5周をこなしピットへ。「乗って、走って、やらなければいけないことはあるとは思っていましたが、若者に任せて(笑)、すぐ降りました(土屋)」と三宅にステアリングを託すと、土屋はレーシングスーツも脱がず、そのまま作業に入った。

 午前はそのまま三宅が大半のセッションをこなし、残り17分というところで堤へ交代。午後はふたたび土屋が最初の6周を走ると、堤、三宅と交代し、それぞれ1時間ずつをこなしたが、堤が担当する終盤、タイヤテストを行っている際に出した1分36秒931がこのセッションのトップタイムに。周囲も、そしてチームも驚く結果となった。

■ドライバーたちはシェイクダウン初日から好感触

「僕は昨年からスーパーGTに出て、3チームでレクサスRC F GT3とマザーシャシーのトヨタ86をドライブしてきたのですが、このGRスープラは今日がシェイクダウンにも関わらず、最初からすごく安定感があって、クセがないクルマです。タイヤによって異なるとは思いますが、素晴らしいクルマだと感じました」と堤はたかのこの湯 GR Supra GTの印象を語った。

「走りだけではなく、パーツもひとつひとつすごく仕上がりが良くて、アップライトも削り出しで作ってあったり、手が込んでいるように感じます。速さはGT300ですが、GT500と300の間のようにも感じますね」

 これまでTOYOTA GAZOO Racing 86/BRZ Raceやスーパー耐久でも速さをみせてきた堤にとって、2021年は躍進のチャンスでもある。「昨年はMax Racingから最終戦に一度出場させていただいて、田中哲也監督、チームオーナーのGo Maxさんもすごく気さくで、Go Maxさんからは『若手ドライバーを育てたい』という思いをうかがいました」と堤はMax Racingについて語る。

「またチームもつちやエンジニアリングさんとRS中春さんのタッグで、皆さんがレースのことを知っているのでストレスなく走れますし、リクエストにもすぐ対応してもらえます。良い環境だと思いますね。今日のテストの結果をみても、期待して見ていただけるのかな、と思います」

 そして、好印象なのはチームメイトの三宅も同様だ。

「今回はシェイクダウンで、セットアップもまだ煮詰まっていない状況にも関わらず、いきなり調子が良くてビックリしています(笑)。シェイクダウンでトップタイムだったのはチームにとっても良いことだったと思います」と三宅は笑顔をみせた。

「タイムは堤くんがタイヤテストをしている時に出したものですが、本人もミスがあった状態でのタイムだったというので、ポテンシャルはかなり高いと思いますね」

■ポテンシャルを実感も、土屋武士ならではの『かわいそうだな』

 一方、これまで数多くのレーシングカーのステアリングをドライバーとして握り、監督として、エンジニアとして携わってきた土屋は、GRスープラについて「ファーストインプレッションで、すごく良いところがあると分かったし、すぐ直さなければならないところも分かった」と語った。自身がドライブすることで、「『この動きはこの影響があるから、我慢して乗ってね』がドライバーにすぐ言えるということ」がこの日ドライブした理由だという。

 土屋はまた、シェイクダウンでいきなりタイムが出たことについては、「ポテンシャルはすごくある。GRスープラは速すぎるという声がみんなから出てくるとは思う」としつつ、「GT300規定はいじれるクルマなので、ここからどんどんやっていくけど、対ブリヂストン(埼玉トヨペットGB GR Supra GT)、対ダンロップ(SYNTIUM LMcorsa GR Supra GT)ということもやっていかなければならないので、そこは楽しみでしかない」と異なるタイヤを履く2台のライバルに対しての意欲をみせた。

 ただ一方で、これまでマザーシャシーのHOPPY 86 MC、そしてGT3のHOPPY Porsche、たかのこの湯 RC F GT3、そして今回のたかのこの湯 GR Supra GTに携わってきた土屋は、「現実的に、GT300規定、GT3、そしてマザーシャシーと全部乗ったし、全部触った身からすると、これはもう少し性能の均等化をした方が良いな、というのは感じますね」と現在のGT300の参加条件について語った。

「コースによって違うけど、ポルシェは現状どう頑張っても富士では勝てない。タイヤのこともクルマのことも分かっているけど、頑張ってもトップにいけないことは分かってしまう」と土屋。

「正直ポルシェは去年の後半からほとんどいじっていなくてタイヤ開発をしているけど、触る余地がない。GRスープラはまだ始まったばかりで、やりたいことがどんどん出てくるけど、その反面、ふと自分の大事な25号車を見ると『かわいそうだな』と思ってしまうのが本音です」

「そしてマザーシャシーは、この中でいちばん遅い状態になっていてかわいそう。あれだけチームもドライバーも頑張っているのに、今のウエイトでは報われないと思う。ぜんぶ自分が関わっただけにコメントは難しいけれど、レース好きとしては、なんとか皆さんにマザーシャシーの状況は知ってほしいと思います。あのクルマは職人を育てる、本当に良いクルマなんですけどね」

たかのこの湯 GR Supra GT
たかのこの湯 GR Supra GT