【30系トヨタ アルファード】脱メッキの新提案「クロームデリート」がこれから流行る!|外観 カスタム

純正メッキによる高級感<『クロームデリート』でハイソな装いを演出
純正メッキ部分をラッピング

ALPHARD/アルファード(30系)

30系 アルファード ラッピング クロームデリート
アルファード&ヴェルファイアといえば、ビッグボディにメッキを多用した装いで最上級ミニバンを威張れるクルマなのだが、ココはあえて!! というか、別路線で高級感の演出を追求できないか?

それを具現化した1台が、数多くのラッピングカスタムを手がけているプロショップ「アドバンスエイト」で施工したこの後期アルファード。

「最近オーダーが増えているのがこの【クロームデリート】です。その名の通り、メッキ部分を無くすっていうコーディネイトなんですけど、高級スポーツカーや高級外車のオーナーも注目しているカスタムなんです。

もちろん塗装でもできることなんですが、塗装の場合、メッキに塗料がのりにくい、そして、飛び石で少しはがれてしまった場合、そこから徐々にはがれているのが拡がってしまう。

ラッピングであれば、そういったウィークポイントを気にしなくていい。もちろん、はがして元に戻せるというのもポイントですね」と、アドバンスエイトの中本代表。

今回使用したフィルムはその肌が塗装に近いという部分で「ORAFOL」製を選択。実は少し厚みがあり貼りにくいというフィルムだが、アドバンスエイトの高い技術力があれば問題無し。

各純正部品を全バラでひとつずつ丁寧に貼っていった結果、高い質感の仕上がりを実現した。

ある意味ちょいハズしのコーディネイトだが、それだけにオリジナリティを発揮。また違う方面から、アルヴェルの高級感を演出した1台といえるだろう。

大きなグリルも全バラしてラッピング。この純正形状からして、作業はかなり大変そうだが、ラッピング感がない自然な仕上がりにビックリ。飛び石も多い部分だが、ラッピングであればキズがついてもそこからどんどんはがれていくという心配がないのも特徴だ。

ビッグバンパーのアクセントになっているフォグまわりのルーバー→ヘッドライトのラインまでマットブラック化。


「【30系トヨタ アルファード】脱メッキの新提案「クロームデリート」がこれから流行る!|外観 カスタム」の1枚めの画像グリルに合わせて、ボンネット先端のメッキもマットブラック化。あえてメッキを主張しない、こんな手法もアルファードに似合う!


「【30系トヨタ アルファード】脱メッキの新提案「クロームデリート」がこれから流行る!|外観 カスタム」の1枚めの画像

エンブレムはランピングに合わせたマットブラックでペイントしている。グラファイトメタリックのボディカラーとの相性も抜群。メッキとはまた違う渋い高級感アップを狙える。

■■人気の大口径ホワイトレターを履いたらフロントOK!リア△!!■■

メインで使っている写真を撮影した数日後、ホワイトレタータイヤに履き替えてみた。オフ感はさらに高まったけど、外径が大きくなったので干渉がちょっと心配……。


「【30系トヨタ アルファード】脱メッキの新提案「クロームデリート」がこれから流行る!|外観 カスタム」の1枚めの画像フロント

あえて17インチのオフ系ホイール「デルタフォース・オーバル」に「ジオランダーA/T」を履いた1台だが、試しによりオフ感の強い人気モデル「BFグッドリッチ・オールテレーン」を履かせてみたら……。サイズは、ラインアップの都合上、ちょっと無理矢理で外径が大きくなる245/65R17。フロントはハンドルを全開きってもOK、ただしリアが前側のインナーとほんの数mmしか空きがなく、走行中にカサカサ当たっている音が……。ホワイトレターは魅力的だけど、サイズ的にはちょっとキツイという結果でした!

●●製作ショップ●●
アドバンスエイト

今回のラッピングで価格は約35万円ほど。2泊3日で施工可能と、塗装よりも作業日数が少ないのもポイント。ぜひチャレンジしてみたいと思った人は「アドバンスエイト」に連絡してみよう!
住所東京都目黒区柿の木坂2-4-7
電話:03-6421-1417
http://www.advanceeight.com

スタイルワゴン2021年4月号より

[スタイルワゴン・ドレスアップナビ]