ホンダF1、1991年セナ以来の開幕戦ポール「ポジティブな予選。決勝結果につなげるため入念に準備する」と田辺TD【F1第1戦】

 2021年F1バーレーンGPの土曜予選で、レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンはポールポジション、セルジオ・ペレスは11番手だった。アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は13番手、ピエール・ガスリーは5番手を獲得した。

 フェルスタッペンは土曜FP3で最速、予選Q1をトップで通過、Q2はミディアムタイヤで7番手、Q3でメルセデス勢を破り、ポールポジションを獲得した。ホンダのエンジン/パワーユニット搭載マシンによる開幕戦でのポールポジション獲得は、1991年アメリカGPでのアイルトン・セナ以来のこと。

 Q2ではホンダのパワーユニットを搭載する4台すべてがミディアムタイヤでの突破を目指したが、ペレスと角田はQ2で敗退となった。ふたりは決勝スタートタイヤを自由に選ぶことができる。

2021年F1第1戦バーレーンGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1第1戦バーレーンGP セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

2021年F1第1戦バーレーンGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第1戦バーレーンGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

 ガスリーはQ2でミディアムを使って8番手に入り、Q3では1分29秒809で、フェルスタッペン、メルセデスのルイス・ハミルトンとバルテリ・ボッタス、フェラーリのシャルル・ルクレールに続く5番手を獲得した。

 ホンダは、FP3での走行中にデータに異常を確認したとして、ガスリーのパワーユニットのエナジーストアとコントロールエレクトロニクスを予選前に交換したことを明らかにしている。

2021年F1第1戦バーレーンGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第1戦バーレーンGP ピエール・ガスリー(アルファタウリ・ホンダ)

■ホンダF1テクニカルディレクター 田辺豊治
 2021年F1開幕戦、今日の予選はレッドブル・レーシング・ホンダのフェルスタッペン選手がポールポジションを獲得し、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダのガスリー選手が5番手と明日のレースに向けて非常にポジティブな結果になりました。

 レッドブルのペレス選手と今回がF1デビューのアルファタウリの角田選手は、レーススタート時に使用するタイヤが決まるQ2セッションをミディアムタイヤで突破しようとしたものの、惜しくもQ3に進むことができず、それぞれ11番手と13番手となりました。

 最終予選結果では13番手となった角田選手ですが、Q1をフェルスタッペン選手に続く2番手タイムで通過するなど、ペレス選手とともに素晴らしいスピードを見せていますので、明日のレースでの走りに期待したいと思います。

 2チーム、4台ともにレースでの競争力があると思いますので、きちんとレースを走りきり、結果につなげられるよう、ここからさらに入念に準備を進めて明日のレースに臨みます。