予選Q1で2番手の角田裕毅、“悔しい”13番手に「ミディアムでQ3を狙える自信があった。決勝で順位を上げる!」【F1第1戦】

 2021年F1バーレーンGPの土曜予選で、スクーデリア・アルファタウリ・ホンダの角田裕毅は13番手を獲得した。

 土曜FP3では1分32秒709(ソフトタイヤ)をマークし13番手。予選Q1では1分30秒607(ソフトタイヤ)の2番手タイムを記録、1回のランでQ2への通過を決めた。Q2ではミディアムタイヤでアタック。1分31秒327の後、1分31秒203のタイムで13番手となり、Q3進出はならなかった。

 テクニカルディレクターのジョディ・エギントンは、「裕毅のマシンに出た問題に昨夜対応し、FP3では2台のパフォーマンスに非常に満足できる状況だった」とコメントしている。
「Q1で裕毅もピエール(・ガスリー)も強力なラップを走ったため、決勝スタートタイヤを最適化することを決め、両車をQ2ではミディアムタイヤで走らせることにした。ピエールはその仕事を成し遂げたが、裕毅はQ2ではタイヤからベストのパフォーマンスを引き出すことができなかった」

「しかし彼は今週末、すでに素晴らしいパフォーマンスを見せており、そのことに私は非常に満足している」

2021年F1第1戦バーレーンGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)
2021年F1第1戦バーレーンGP 角田裕毅(アルファタウリ・ホンダ)

■スクーデリア・アルファタウリ・ホンダ
角田裕毅 予選=13番手
 率直に言うと、少しがっかりしています。Q1でペースは発揮できましたし、Q2での戦略にも自信があったのですが、最後のアタックで十分なグリップを得られませんでした。上位のグリッドでスタートできないのは残念ですが、レースペースがあるのは分かっているので、明日何ができるか見ていきます。

 1周走るごとに学びが深まっているので、明日のレースまでにエンジニアと今日のデータを分析していきます。一方で、初めてのF1予選ながらもマシンに自信を持てているなど、今日はポジティブな面もたくさんありました。戦えるポジションにいますし、レース中に順位を上げられるポテンシャルもあると思います。

(自身のSNSを通してコメントし)初めての予選は13位。ミディアムの感触がイマイチで少し悔しい結果になりましたが、Q1はよかったです! 決勝に向けて、ギリギリまでやれることは全てやります。マシンは好調なので楽しみです。