ボッタス「時々ほとんどドライブ不可能と感じる。やるべきことが山積」メルセデス【F1第1戦金曜】

 2021年F1バーレーンGPの金曜、メルセデスのバルテリ・ボッタスはフリー走行1=2番手/2=5番手だった。

 FP1では17周を走り1分31秒692、FP2では23周のなかで1分31秒218を、それぞれソフトタイヤでマークした。

2021年F1第1戦バーレーンGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)
2021年F1第1戦バーレーンGP バルテリ・ボッタス(メルセデス)

■メルセデス-AMG・ペトロナス・フォーミュラワン・チーム
バルテリ・ボッタス フリー走行1=2番手/2=5番手
 マシンはテストの時よりいい感じだった。マシンバランスはまだまだという感じだが、トラブルフリーの一日で大きな問題もなかった。今、強く実感しているのは、今週末ポール争いをするには、山のような仕事をこなす必要があるということだ。

 バランスに一貫性が欠けている。特にリヤエンドはテストの時からの課題だ。セットアップのアプローチに関しては改善し、マシンの感触は良くなった。ただ、まだ望んでいる状態には達していない。今夜と明日の朝を使って、問題点を探し出していく。

 最後のロングランではすごく苦労した。きちんとまとめられたラップがひとつもなくて、時折マシンがほとんどドライブ不可能だと感じたほどだ。とはいえまだ金曜日だ。問題を解決するためにプラクティス走行をしている。

 上位争いのなかにいることは確かだ。今日はマクラーレンが強そうだったし、予想どおりレッドブルも強かった。そこに追いつけると思う。最速ではないが、それほど離されてもいない。明日どうなるかを見ていくよ。