2021年MotoGPエントリーリスト:開幕戦カタールGPはブラドルがマルケスの代役

 2021年シーズンのロードレース世界選手権 MotoGPクラスに参戦するのは、11チーム22名となる。参戦メーカーでは、ドゥカティが6台、ホンダ、ヤマハ、KTMは4台、スズキ、アプリリアは2台を走らせる。

 今季はMoto2クラスからエネア・バスティアニーニ、ルカ・マリーニ、ホルヘ・マルティンがステップアップしてドゥカティ デスモセディチGPを駆る。また、アプリリア・レーシング・チーム・グレシー二がロレンツォ・サバドーリをレギュラーライダーとして正式に起用したことから、MotoGPルーキーライダーは4名となった。

2021年ロードレース世界選手権で走るMotoGPマシン
2021年ロードレース世界選手権で走るMotoGPマシン

 そして、最高峰クラスの日本人ライダーはLCRホンダ・イデミツから継続参戦する中上貴晶のひとりで、最新型のホンダRC213Vを駆る。

 3月26~28日に開幕を迎える第1戦カタールGPでは、レプソル・ホンダ・チームのマルク・マルケスが欠場するため、テストライダーのステファン・ブラドルが起用される。

 そのほか、ミシュランタイヤは、昨年のタイやからケーシングとコンパウンドの組み合わせを微調整している。やや硬めのコンパウンドに変更されたことで一貫性を向上させ、グリップと全体的なパフォーマンスが最大化された。

 現在、栃木県・ツインリンクもてぎで開催される日本GPを含め、3月末から11月中旬まで19戦のスケジュールが決定している2021年のMotoGP。各チームがカタール公式テストで強力な体制を作り上げているため、どのライダーもマシンも目が離せない注目の1年となることは間違いない。第1戦カタールGPの勝者、そして最後にチャンピオンを獲得するのはどのライダーになるだろうか。

2021年Moto2クラスにフル参戦するライダー
2021年Moto2クラスにフル参戦するライダー
2021年Moto3クラスにフル参戦するライダー
2021年Moto3クラスにフル参戦するライダー

 以下が2021年ロードレース世界選手権MotoGPクラスの年間エントリーリスト。

■2021年MotoGPクラスエントリーリスト

No. Rider Team Motorcycle
5 ヨハン・ザルコ プラマック・レーシング ドゥカティ*
9 ダニロ・ペトルッチ テック3KTMファクトリー・レーシング KTM*
10 ルカ・マリーニ スカイ・VR46・エスポンソラーマ ドゥカティ*
12 マーベリック・ビニャーレス モンスターエナジー・ヤマハMotoGP ヤマハ
20 ファビオ・クアルタラロ モンスターエナジー・ヤマハMotoGP ヤマハ
21 フランコ・モルビデリ ペトロナス・ヤマハSRT ヤマハ*
23 エネア・バスティアニーニ エスポンソラーマ・レーシング ドゥカティ*
27 イケル・レクオーナ テック3KTMファクトリー・レーシング KTM*
30 中上貴晶 LCRホンダ・イデミツ ホンダ*
32 ロレンツォ・サバドーリ アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ アプリリア*
33 ブラッド・ビンダー レッドブルKTMファクトリー・レーシング KTM
36 ジョアン・ミル チーム・スズキ・エクスター スズキ
41 アレイシ・エスパルガロ アプリリア・レーシング・チーム・グレシーニ アプリリア*
42 アレックス・リンス チーム・スズキ・エクスター スズキ
43 ジャック・ミラー ドゥカティ・レノボ・チーム ドゥカティ
44 ポル・エスパルガロ レプソル・ホンダ・チーム ホンダ
46 バレンティーノ・ロッシ ペトロナス・ヤマハSRT ヤマハ*
63 フランセスコ・バニャイア ドゥカティ・レノボ・チーム ドゥカティ
73 アレックス・マルケス LCRホンダ・カストロール ホンダ*
88 ミゲール・オリベイラ レッドブルKTMファクトリー・レーシング KTM
89 ホルヘ・マルティン プラマック・レーシング ドゥカティ*
93 マルク・マルケス レプソル・ホンダ・チーム ホンダ

*はインディペンデントチームライダー