アルファロメオ・ジュリアETCRがシェイクダウン。ステファノ・コレッティを起用

 TCR規定車両をベースとした新たなフル電動ツーリングカー選手権、Pure ETCR(ピュアETCR)の第4回公式テストが3月22~24日にイタリア・ヴァレルンガで実施され、公式ラウンチ済みのアルファロメオ・ジュリアETCRが待望のシェイクダウンを敢行。すでにテスト継続中のヒュンダイ・ヴェロスターN ETCRとセアト・クプラe-Racerの3台で3日間のセッションを走破し、初年度のレースドライバーに起用されたステファノ・コレッティがステアリングを握っている。

 2021年6月の初年度開幕に向け、元GP2ドライバーで現在31歳のコレッティ起用をアナウンスしたロメオ・フェラーリは、テスト開始前日の日曜にアルファロメオ・ジュリアETCRへのバッテリー・インストレーションを完了。シリーズへのシステム供給を担うWilliams Advanced Engineering(ウィリアムス・アドバンスド・エンジニアリング/WAE)やMAGELEC(マグエレック)社のエンジニアらとともに、シェイクダウン走行に向けた作業を完遂した。

「ジュリアETCRへのバッテリー取り付け作業が成功したことで、このクルマの長期におよぶ設計プロセスが終えられたことになる」と語ったのは、ロメオ・フェラーリのオペレーションマネージャーを務める元TCRドライバーのミケーラ・セルッティ。

「昨今の世界情勢を受け、ロジスティクス上の多くの障害に直面したことで、車両製作の作業は簡単ではなかった。でも彼らクルーは完璧な仕事をしたし、私たちのような独立系コンストラクターにとって、これは大きな一歩よ。スタッフの仕事と献身を誇りに思っているし、私個人は非常に満足しているわ」と、まずはチームの労を労ったセルッティ。

「実際、もっとも困難な部分は明日から始まる。時間の制約が少ない大企業の資本とふたたび戦わなければならない、という点でね。ちなみに、過去に示したように私たちはトップレベルでレースをする能力とリソースを持っていると認識しているし、大きな決意を持って明日からの挑戦を楽しみにしている」

 こうして3月初旬に続いてバレルンガに集結したETCR参戦組は、初日の月曜に3台揃って初のコースインを果たすと、まずはジュリアETCRのすべてのシステムとソフトウェアが正しく機能していることを確認。チームのテクニカルディレクターであるマリオ・フェラーリの手でコースでの周回を重ね、火曜の午後からレースドライバーのコレッティにシートを引き継いだ。

テスト開始前日の日曜にETCRキットの統合作業を完了させたアルファロメオ・ジュリアETCRは、翌日から走行を開始した
シリーズへのシステム供給を担うウィリアムス・アドバンスド・エンジニアリング(WAE)やマグエレック社のエンジニアらとともに準備が進められた
チームのテクニカルディレクターであるマリオ・フェラーリの手で初走行。初日から順調に周回を重ねた

■「驚くほどの速さを誇っていることに心底驚いた」とマリオ・フェラーリ

「我々は、ツーリングカーの動力源が内燃機関から電力へ切り替わるという、このモータースポーツの歴史的な瞬間に参加できることを非常に誇りに思っている。それは我々の組織にとってまったく新しい挑戦であり、この瞬間に向け非常に意欲的に取り組んできたんだ」と、ジュリアETCRの映えあるシェイクダウンを自ら担当したフェラーリ。

「そして、ジュリアETCRの設計と開発に役立つ貴重なサポートを提供してくれたWSC、WAE、マグエレックの面々に感謝したい。ETCRキットの統合は問題なく完了した。初めてクルマを運転したとき、すべてが機能していることを知り本当にうれしかったよ」と続けた同氏。

「そして、この種のマシンのドライブが本当に楽しく、驚くほどの速さを誇っていることに心底驚いた」

「私にとって、何年も前のツーリングカーの記憶を呼び覚ますのに充分な衝撃だったよ。そのパワープラントはまったく違うものではあるがね……」

 このセッションではヒュンダイ・モータースポーツの開発ドライバーとクプラ・レーシングの面々もテストプログラムを重ねており、それぞれセットアップとパフォーマンス評価に焦点を当てたメニューを消化。

 前回と同様にアウグスト・ファーフスとジャン-カール・ベルネイがヒュンダイ・ヴェロスターN ETCRをシェアし、ジョルディ・ジェネとミケル・アズコナがセアト・クプラe-Racerのステアリングを握っている。

 一行は引き続き同地に滞在して走行距離を重ねる計画で、続くテストもバレルンガにて3月30~31日の開催を予定している。

最初のレースドライバーとしてアナウンスされたステファノ・コレッティ。「ツーリングカーの経験がほとんどない僕を信頼してくれたチームに感謝したい」
ヒュンダイ・モータースポーツの開発ドライバー、アウグスト・ファーフスとジャン-カール・ベルネイも引き続き参加している
次回のテストも、同じくイタリア・バレルンガにて3月30~31日の開催が予定されている