チーム移籍で心機一転。SFでも上位進出を目指すGT500チャンピオン牧野任祐【2021年SFドライバー紹介】

 2021年シーズンの全日本スーパーフォーミュラ選手権は4月3〜4日に富士スピードウェイで開幕を迎える。第1戦を前に、2021年シーズンを戦うスーパーフォーミュラのドライバーたちのこれまでのレースキャリアやドライバーとしての特徴などを紹介する。今回は2020年のスーパーGT GT500クラスのシリーズチャンピオンを獲得し、スーパーフォーミュラでも上位進出を目指す牧野任祐(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)だ。

 スーパーフォーミュラは参戦3年目となる牧野任祐。彼が大きく注目されたのは2016年のスーパーGT第7戦タイだ。急きょDrago Modulo Honda RacingからGT500クラスに参戦することになったが、ぶっつけ本番の1戦で予選・決勝ともに非常に高いパフォーマンスを披露。武藤英紀とともに2位表彰台を獲得した。

 その活躍が評価され、2017年からヨーロッパに渡り、ヨーロピアンF3に参戦。翌年にはFIA-F2に挑戦し、モンツァでのフィーチャーレースでは初優勝を飾った。その際、日本語で雄叫びをあげたときの無線が公式映像などで紹介され、大きな話題となった。このエピソードからも分かるように、レース中は闘志むき出しで、積極的に攻めていくスタイルが特徴のドライバーだ。

 2019年からは、福住と同様に日本に活動拠点を戻した。スーパーフォーミュラではTCS NAKAJIMA RACINGに加入し、デビュー戦でポールポジション獲得という快挙を飾った。しかし、決勝では不運なアクシデントに見舞われてリタイア。第2戦オートポリスで4位入賞を果たすも、その後はポイントを獲得できないレースが続いた。

 2シーズン目となった昨年も不運なアクシデントで2度のリタイアはあったが、第4戦オートポリスで力強い走りをみせて3位表彰台を獲得したが、ドライバーズランキング12位と不本意なシーズンとなってしまった。

 同じく2019年からフル参戦を開始したスーパーGTでは、安定した活躍を見せた。特にTEAM KUNIMITSUに加入した2020年は山本尚貴とともに3度の表彰台を獲得。最終戦の富士では予選7番手から見事な追い上げをみせ、ゴール500m前で奇跡の大逆転を果たし優勝。これが自身にとっての初優勝になったとともに、GT500シリーズチャンピオンを手にした。

 予想だにしなかった展開に、チェッカー後はチームのプラットホームで人目をはばからず泣き崩れた。

 2021年、スーパーフォーミュラは心機一転でDOCOMO TEAM DANDELION RACINGに移籍し、上位進出を目指す。またスーパーGTでは、引き続き山本と組んでTEAM KUNIMITSUから参戦することになっているのだが、昨年12月に髄膜炎を発症してしまい、スーパーフォーミュラの最終戦からレースやテストに参加できていない状態が続いている。

■スーパーフォーミュラ:2020年シーズン戦績

出場:6回
優勝:0回
2位:0回
3位:1回
ポールポジション:0回
エンジン:ホンダ
獲得ポイント:20
獲得有効ポイント:20
ランキング:12位

2020年スーパーフォーミュラ第4戦オートポリス 牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)
2020年スーパーフォーミュラ第4戦オートポリス 牧野任祐(TCS NAKAJIMA RACING)
2020年スーパーGT第8戦富士決勝
大逆転のチェッカー後、涙と嗚咽が堪えきれず座り込むRAYBRIG牧野任祐