富士スピードウェイ隣接地に2022年秋開業のホテル。名称が『富士スピードウェイホテル』に決定

 トヨタグループの不動産会社である東和不動産は3月25日、2022年秋に富士スピードウェイ隣接地に開業するホテルの名称を『富士スピードウェイホテル』に決定したと発表した。

 ホテル運営はハイアット・ホテルズ・コーポレーションの系列会社が行い、ハイアットの日本初上陸ブランド『アンバウンドコレクション by Hyatt』のホテルとして開業を予定している。

『富士スピードウェイホテル』は日本を代表する国際サーキットの一つである富士スピードウェイの隣接地に建設され、客室は45平米以上のルーム&スイートが約120室予定されるほか、分割可能な500平米の宴会場や200平米の会議室も備える。そのほか、飲食施設や温泉、室内プール、フィットネス&スパも完備する。

 さらに、トヨタ博物館が監修する『富士モータースポーツミュージアム』がホテル内に併設されるなど、モータースポーツとホスピタリティーが融合した唯一無二の世界を演出する取り組みでも注目を集めている。

 併設される富士モータースポーツミュージアムについて東和不動産は「日本および海外各社の協力をいただき、時代を象徴するレーシングカーを展示し『モノづくり』の観点を中心にその開発に携わった人々の熱い想いや拘りをご紹介します。モータースポーツで培われた技術が、みなさまのクルマにも脈々と受け継がれていることを実感いただけるミュージアムです」としており、こちらも開業が楽しみな施設だ。

 また、名称とともに発表された『富士スピードウェイホテル』のロゴデザインは、往年のスポーツカーがもつ美しく洗練されたフォルムをイメージしており、細かい点でもモータースポーツファンを惹きつける演出がなされている。

 東和不動産は「壮大な富士山、そして富士スピードウェイを眺め、モータースポーツミュージアムと一体になったこのホテルでは、隣接エリアで開発中の『モータースポーツビレッジ(仮称)』と連動し、モータースポーツの歴史・文化と情熱・ロマンを感じていただく、この場所ならではの体験をご提供いたします」としている。

ホテル名称:FUJI Speedway HOTEL (富士スピードウェイホテル)
館内施設:客室120室、レストラン、バー、宴会場、会議室、温泉浴場、室内プール、ジム、スパ
ミュージアム名称:FUJI MOTORSPORTS MUSEUM (富士モータースポーツミュージアム)
所在地:静岡県駿東郡小山町大御神字中島

アクセス:東名高速道路御殿場ICより車で約20分
※新東名高速道路開通後は小山PA・スマートインターチェンジ(仮称)より約3分(2km)
JR御殿場駅よりタクシーで約20分(13km)

富士スピードウェイホテルのロゴデザイン
富士スピードウェイホテルのロゴデザインは往年のスポーツカーがもつ美しく洗練されたフォルムをイメージ。
トヨタ博物館が監修する富士モータースポーツミュージアムのロゴデザイン
トヨタ博物館が監修する富士モータースポーツミュージアムのロゴデザイン
富士スピードウェイホテルへのアクセス
富士スピードウェイホテルへのアクセス