LEON RACING×Gorillaのコラボウォッチ発売。3月25日から先行予約受付開始

 スーパーGT GT300クラスに参戦するLEON RACINGが、『創造的破壊型』時計つくりをコンセプトとする時計ブランド、『Gorilla』とのコラボレーションウォッチを発売する。3月25日から『買えるLEON』で先行予約受付がスタートした。

 2021年も蒲生尚弥と菅波冬悟のコンビでGT300クラスに参戦するLEON PYRAMID AMG。漆黒のカラーリングは多くのファンをもつが、そんなチームのブラックのカラーリング、そしてGT300クラスを表すイエローをあしらったコラボレーションウォッチが登場した。フルカーボンケース、ラバーベルトデザイン、リュウズ&リュウズガードデザインと、Gorilla史上初となる仕様が満載だ。

 これは今季からLEON PYRAMID AMGにロゴも入るGorillaウォッチとのコラボレーション。Gorillaウォッチはアメリカンマッスルカーの象徴的な外形からインスパイアされ、60〜70年代のスポーツウォッチのデザインをベースに、意識的にハイテク素材を絶妙に取り入れながら、個性を強調している。

 このコラボレーションウォッチは、3月25日から『買えるLEON(https://kaeruleon.jp)』で発売中。世界限定300本、うち50本を『買えるLEON』で販売するとのこと。価格はGorillaウォッチについて詳しくはホームページ(https://www.gorillawatches.ch/jp)まで。価格は28万6,000円だ。

LEON RACING×Gorillaのコラボウォッチ
LEON RACING×Gorillaのコラボウォッチ
LEON PYRAMID AMG
LEON PYRAMID AMG