プジョー、新型『308』を本国発表。新ロゴ、新フェイスと第2世代i-cockpitを採用

 世界累計700万台以上のセールスを記録したCセグメント・ハッチバック『プジョー308』が、3月18日にフランス本国でフルモデルチェンジを受けワールドプレミア。名称継承で2世代目に突入した今作も自慢のプラットフォームを引き継ぎつつ、最新のADAS(先進運転支援システム)や新型i-Cockpit、そしてサーベル形状のDRL(デイタイム・ランニング・ライト)を採用したフロントフェイスの採用など、大幅な進化を果たしている。

 そのグリル内には、先に発表された真新しいプジョーブランドの紋章を配した記念すべき最初のモデルとなった新型『プジョー308』は、グループPSA自慢のEMP2プラットフォームを引き継ぎながら、55mm延長されたホイールベースによる伸びやかなシルエットと、より広くなった後席スペースを確保しつつ、20mm低められた車高と滑らかなラインを描くノーズの組み合わせで、さらにダイナミックな躍動感を演出する。

 プジョーの新世代フェイスを印象付けるライオンのかぎ爪を模したDRLに、彫りの深いスリムなヘッドライトをドッキング。グレードによってはプジョーマトリクスLEDテクノロジーを採用したヘッドライトはさらに薄い造形となり、レーダー波を阻害しないインジウムを使用した新しい紋章の内部には、運転支援用の最新型レーダーシステムを収める。

 一方のインテリアでも、さらなる進化を果たしたi-Cockpitを象徴する小径ステアリングホイールにセンサーを搭載し、運転支援機能の使用時にドライバーがステアリングを握る力を検知することが可能に。

 目線の高さに配置されたメータークラスターには、アクティブパックのレベルにより10インチのデジタルパネルが搭載され、こちらもグレードにとってはパネルを3D表示化し、複数の表示モード(TomTomコネクテッド・ナビゲーション、ラジオ/メディア、運転支援、エネルギーフローなど)にカスタマイズが可能となる。

 また、吹き出し口を乗員の頭上正面に配置する“high-vent(ハイ・ベント)”コンセプトや、従来は空調が内蔵されていた部分のダッシュボード正面部分に配された“バーチャルi-toggle”と呼ばれる新規軸のスイッチを採用。

 センターパネルの対面に、まるで開かれた本のように展開されたこれらのトグルスイッチにより、エアコン設定、電話連絡、ラジオ局、アプリケーション起動などへのタッチセンサー式ショートカットキーとして、好みの機能を割り当てることが可能となっている。

グループPSA自慢のEMP2プラットフォームを引き継ぎながら、ホイールベースを55mm延長した
グループPSA自慢のEMP2プラットフォームを引き継ぎながら、ホイールベースを55mm延長した
空力性能も徹底的にブラッシュアップされ、リアを横切る特徴的なラインも空力の最適化によるもの。ルーフ上部後端には、ロングスポイラーも備わる
空力性能も徹底的にブラッシュアップされ、リアを横切る特徴的なラインも空力の最適化によるもの。ルーフ上部後端には、ロングスポイラーも備わる
レーダー波を阻害しないインジウムを使用した新しい紋章の内部には、運転支援用の最新型レーダーシステムを収める
レーダー波を阻害しないインジウムを使用した新しい紋章の内部には、運転支援用の最新型レーダーシステムを収める

■音声認識コマンドなどの最先端テクノロジーも数多く搭載

 さらにアーチ状のセンターコンソールには、8速ATのモード(リバース、ニュートラル、ドライブ)とふたつのボタン(パーキング、マニュアル)を瞬時に選択できるシフトスイッチに加え、スマートフォンのワイヤレス充電専用スロットや、ふたつのUSB-Cソケットなどを完備。下部には34リッターの収納スペースも設定され、室内の利便性を大きく向上させている。

 そのほかにも、Bluetoothで2台のスマートフォンを同時接続することも可能なPEUGEOT i-Connect Advancedや、「OK, プジョー」で起動する自然言語による音声認識コマンド、セミオートマチックレーンチェンジを含む最新のADASも備え、グレード別に汚染ガスや粒子をろ過する空気処理システム“Clean Cabin”も搭載するなど、最先端テクノロジーがふんだんに盛り込まれた。

 パワートレインには、ブランドの象徴的概念に据えた“Power of Choice”を反映し、HYBRID 225(180PS/132kW+81kW)とHYBRID 180(150PS/110kW+81kW)の2種類のPHEV(プラグインハイブリッド)を設定。

 さらに1.2リッター直列3気筒ガソリン直噴ターボの“PureTech”に出力別の3トリム、おなじく1.5リッター直列4気筒ディーゼルで2トリムと、豊富なラインアップが用意される。

 このうち、どのトリムが日本市場に導入されるかはまだ未定ながら、新型プジョー308は2021年後半に欧州で販売される計画で、フランスのミュールーズ工場での生産を予定。ボディカラーにはオリーブ・グリーン、ヴァーティゴ・ブルー、エリクサー・レッド、パール・ホワイト、アイス・ホワイト、アルタンス・グレー、ペルラ・ネラ・ブラックの7つのバリエーションが用意される。

リヤ側もフルLEDテクノロジーを採用し、3本のかぎ爪をイメージしたライトシグネチャーに
リヤ側もフルLEDテクノロジーを採用し、3本のかぎ爪をイメージしたライトシグネチャーに
吹き出し口を乗員の頭上正面に配置する“high-vent(ハイ・ベント)”コンセプトや、従来は空調が内蔵されていた部分のダッシュボード正面部分に配された“バーチャルi-toggle”と呼ばれる新規軸のスイッチを採用
吹き出し口を乗員の頭上正面に配置する“high-vent(ハイ・ベント)”コンセプトや、従来は空調が内蔵されていた部分のダッシュボード正面部分に配された“バーチャルi-toggle”と呼ばれる新規軸のスイッチを採用
パワートレインには、ブランドの象徴的概念に据えた“Power of Choice”を反映し、HYBRID 225(180PS/132kW+81kW)とHYBRID 180(150PS/110kW+81kW)の2種類のPHEV(プラグインハイブリッド)も設定する
パワートレインには、ブランドの象徴的概念に据えた“Power of Choice”を反映し、HYBRID 225(180PS/132kW+81kW)とHYBRID 180(150PS/110kW+81kW)の2種類のPHEV(プラグインハイブリッド)も設定する