SWMが2021年仕様カローラBTCCを披露。F1王者の実弟ニコラス・ハミルトンもフル参戦復帰へ

 2021年のBTCCイギリス・ツーリングカー選手権シーズンに向け、2台体制への拡充を表明しているSpeedworks Motorsport(スピードワークス・モータースポーツ/SWM)は、本格的なプライベートテスト開始に先立ち本戦仕様の『トヨタ・カローラBTCC』をラウンチ。WEC世界耐久選手権やWRC世界ラリー選手権と同様、TOYOTA GAZOO Racingのスキームを踏襲した新カラーリングを披露した。

 また、今季からセアトの高性能部門CUPRA(クプラ)の新型モデル『クプラ・レオンBTCC』へのスイッチを表明しているTeam HARD(チーム・ハード)も、4台体制最後の1台となるドライバーを発表。フォルクスワーゲン時代にもチームに在籍した、F1王者ルイス・ハミルトンの実弟ニコラスが、久々のフルシーズンエントリー復帰を果たすことがアナウンスされている。

 現地法人トヨタGBのファクトリー支援を取り付け、2020年からTOYOTA GAZOO Racing(TGR)として戦ってきたSWMは、この新たなシーズンに向け体制を一新。長年、苦楽をともにした盟友トム・イングラムのチーム離脱を受け、Motorbase Performance(モーターベース・パフォーマンス)から移籍のロリー・ブッチャーとシリーズ復帰組のサム・スメルトを起用。さらに潤滑油のメジャーブランドとしてグローバル展開するMOTUL(モチュール)との2年間のタイトルスポンサー契約を締結した。

 こうしてプログラム拡大を受けたTOYOTA GAZOO Racing UKのトヨタ・カローラBTCCは、2台ともに先行レンダリングのイメージをそのまま具現化したTGRのワークススキームをまとい、オールトンパークのパドックに姿を現した。

「この新しいカラーリングは率直に言って最高だよ。白地に赤と黒の線が入っているワークスカラーで、間違いなくTOYOTA GAZOO Racingファミリーの一員だと感じさせる。BTCCのグリッドでも際立っていて、この象徴的なカラーで戦うことにワクワクしている」と、テストを前に意気込みを語ったSWM新エースのブッチャー。

WEC世界耐久選手権やWRC世界ラリー選手権と同様、TOYOTA GAZOO Racingのスキームを踏襲した新カラーリングを披露した
WEC世界耐久選手権やWRC世界ラリー選手権と同様、TOYOTA GAZOO Racingのスキームを踏襲した新カラーリングを披露した
2021年はMotorbase Performance(モーターベース・パフォーマンス)から移籍のロリー・ブッチャー(左)とシリーズ復帰組のサム・スメルトを起用する
2021年はMotorbase Performance(モーターベース・パフォーマンス)から移籍のロリー・ブッチャー(左)とシリーズ復帰組のサム・スメルトを起用する
潤滑油のメジャーブランドとしてグローバル展開するMOTUL(モチュール)との2年間のタイトルスポンサー契約を締結している
潤滑油のメジャーブランドとしてグローバル展開するMOTUL(モチュール)との2年間のタイトルスポンサー契約を締結している

■ニコラス・ハミルトンはチームに残留し新型クプラをドライブ

「チームの誰もが僕を歓迎してくれ、最初からとても落ち着いた雰囲気で過ごせている。そして皆がタイトル獲得に向け集中して仕事をしているんだ。ここ数年、カローラとは熾烈なバトルを展開してきたから、自分でステアリングを握ってその速さの要因を発見するのが待ち切れないね!」

 一方、新チームメイトのスメルトも、昨年末のテストでわずかな距離を走らせていたカローラで「新たな1年に挑めるのを楽しみにしている」と語った。

「ラッピングのプロセスを開始したばかりのカローラをチームのワークショップで見ていたので、サイドに自分の名前が掲げられたクルマを間近で見るのは最高の気分だったよ」と続けたスメルト。

「近年、成功の代名詞となっているTGRとSWMのアライアンスは本当に強力なものだ。昨年末にかけて悪コンディションのスネッタートンでクルマをテストしたけど、この数日でその感触を自分のものにしたいと思っているよ」

 一方、昨季後半にモーターベース・パフォーマンスから移籍し、チーム・ハードに加入したニコラス・ハミルトンは、引き続きチームに残留する形で新型『クプラ・レオンBTCC』のステアリングを握ることが確定。ROKiT Phones(ロキット・フォン)とABK Beer(ABKビア)の支援を受け、改めてフルシーズンを戦う決意を示した。

「多くのハードワークと体調管理により、こうしてこのスポーツに参加することが可能になった。BTCCグリッドに戻ってこられたことを心から誇りに思っている」と、兼ねてより脳性麻痺と戦いながらモータースポーツ活動を続けてきたニコラス。

「ロキット・フォンやABKビア、そのほかのパートナーの継続的なサポートと、僕への信頼に感謝しているし、昨季はドライブするのが難しいクルマながら、いくつかの素晴らしい個人的な成果を達成することもできた。今から新型クプラ・レオンのステアリングを握るのが待ち切れないよ!」と、2020年ブランズハッチでシリーズ初ポイントを獲得しているニコラス。

 これでトニー・ギリアム率いるチーム・ハードは、ジャック・ゴフ、アーロン-テイラー・スミス、グリン・ゲディーの3名に並び、ニコラスを加えた4台体制のラインアップを確定させている。

レッドがベースだったフォルクスワーゲンCCから一転、ホワイト基調の『クプラ・レオンBTCC』をドライブするニコラス・ハミルトン
レッドがベースだったフォルクスワーゲンCCから一転、ホワイト基調の『クプラ・レオンBTCC』をドライブするニコラス・ハミルトン
ROKiT Phones(ロキット・フォン)とABK Beer(ABKビア)がパーソナルスポンサーを務める
ROKiT Phones(ロキット・フォン)とABK Beer(ABKビア)がパーソナルスポンサーを務める
Team HARD(チーム・ハード)は早くもこの4名全員参加で、ブランズハッチでのシェイクダウン・テストを開始している
Team HARD(チーム・ハード)は早くもこの4名全員参加で、ブランズハッチでのシェイクダウン・テストを開始している