カシオ『EDIFICE』に高橋国光が駆ったRC162モチーフのコラボモデル登場。5月15日発売

 3月25日、カシオ計算機は高機能メタルウオッチ『EDIFICE(エディフィス)』の新製品として、ホンダが世界で展開するモータースポーツ活動の総称『Honda Racing(ホンダレーシング)』とのコラボレーションモデル『EQW-A2000HE』を5月15日に発売すると発表した。

 エディフィスは“Speed and Intelligence”をコンセプトに、モータースポーツの持つスピード感を表現したダイナミックなデザインや、先進のテクノロジーを兼ね備えている高機能ウォッチだ。

 エディフィスとホンダレーシングは、『高度な技術を駆使し、日本発のブランドとして世界へ挑戦し続ける』という姿勢が相通じることから、2018年よりコラボレーションが行われている。

 これまでは主にF1などがモチーフされた製品が展開されてきたが、今回のコラボレーションモデル『EQW-A2000HE』では、当時は2輪ライダーとして活躍した高橋国光が、1961年にロードレース世界選手権第2戦西ドイツGPの250ccクラスで初優勝を飾ったレーシングマシン『RC162』がモチーフにされている。

RC162がモチーフとなったエディフィスとホンダレーシングのコラボレーションモデル『EQW-A2000HE』
RC162がモチーフとなったエディフィスとホンダレーシングのコラボレーションモデル『EQW-A2000HE』
高橋国光が1961年のロードレース世界選手権で駆ったホンダRC162
高橋国光が1961年のロードレース世界選手権で駆ったホンダRC162

 初優勝から60周年を迎えることを記念して作られたEQW-A2000HEは、アルミ叩き出しのカウルが装着されたRC162をモチーフにして、時計のベゼルと文字盤を特殊加工しているという。

 シルバーのベゼルと対象的なブラックの文字板には、RC162の燃料タンクをイメージしたレッドや、ボディカラーであるシルバーがアクセントとして配色されたほか、カウルに施された印象的なイエローのラインや当時の“HONDA”ロゴがあしらわれている。

 さらにバンドはレーシングスーツがイメージされた本革のバンドが使用され、ホンダロゴが随所に入れられた専用パッケージには軽量なベルクロタイプの付け替え用ナイロンバンドも同梱されるとのことだ。

 当時のレースシーンを蘇ることができるEQW-A2000HEは5月15日の発売が予定されており、メーカー希望小売価格は7万7000円(税込)となっている。時計の仕様や詳細についてはカシオ計算機の公式ホームページ(https://www.casio.co.jp/release/2021/0325_eqw-a2000hr/)まで。

ホンダロゴが随所にあしらわれた専用パッケージ
ホンダロゴが随所にあしらわれた専用パッケージ
同梱されるベルクロタイプの付け替え用ナイロンバンド
同梱されるベルクロタイプの付け替え用ナイロンバンド
時計の裏蓋に施される刻印
時計の裏蓋に施される刻印
1961年のロードレース世界選手権を戦う高橋国光
1961年のロードレース世界選手権を戦う高橋国光