アウディ、新規エンジン開発を凍結? 今後の電動化ビジョンやRSの存続を小川フミオがレポート!

アウディ、新規エンジン開発を凍結? 今後の電動化ビジョンやRSの存続を小川フミオがレポート!

ダカールやル・マン、デイトナへ参戦!

アウディ本社が、2021年3月18日に年次記者会見をオンラインで開催。そこで、「アウディ TT」や「アウディ R8」など、読者が大好きなスポーツモデルは、将来、EVに取って代わられることを発表した。一方、RSモデルはこのさきも当面、残るという。これから電動化に向けて大きく舵をとるアウディの行き先はどこか? それを指し示してくれる記者会見の内容だった。

マルクス・ドゥスマンCEOとRS e-tron GT

「私たちは、これから新しいかたちでモータースポーツに参加します」。そう述べたのは、2020年4月にアウディCEOに就任したマルクス・ドゥスマン氏だ。2020年シーズンをもってDTM(ドイツツーリングカー選手権)から撤退、さらに2021年シーズンをもってフォーミュラEからも手をひくと発表してファンに衝撃を与えたアウディ。

落胆するのは早い。このさきアウディでは、2022年にはダカールラリー、23年にはル・マン24時間レースやデイトナ24時間レースへ復帰すると、ドゥスマン氏は発表したのだった。「WEC(世界耐久選手権)にはポルシェと協力して、LMPH(ルマン プロトタイプ ハイパーカー)のカテゴリーに参戦します」。ラリーへの参戦は、高性能ピュアEVで、という。

オンライン記者会見のために勢揃いしたアウディ本社のボードメンバー

20モデル以上のピュアEVを2025年までにリリース

なにしろ、アウディはいま、急ピッチでラインナップの電動化を進めている。2018年のe-tron SUVを皮切りに、e-tronスポーツバック、2021年に発売されるQ4 e-tron、そしてそのあとに続くQ4 e-tronスポーツバックといったぐあいに、矢継ぎ早にピュアEVが登場。

従来とまったく違うテーマだがすぐアウディとわかるデザインのアウディe-tron GT クワトロ

2025年までに20モデル以上のピュアEVを市場に投入するという。同時にプラグインハイブリッドモデルの数を増やすことも、CEOのドゥスマン氏は発表。2025年には、世界的なアウディのセールスの3分の1は、これらの電動モデルになるのではないかと、している。

そのためにアウディは、多額の投資を計画中だ。2021年から2025年にかけて用意された資金は、電動化のために100億ユーロ(約1兆2000億円)、ハイブリッド開発のために50億ユーロ(約6400億円)、デジタル技術のために30億ユーロ(約3800億円)にのぼる。

写真右が間もなく発表を控えているアウディQ4 e-tron

小型のピュアEVも積極的に導入

プラットフォームの展開については、さきにフォルスクワーゲンが発表したように、ピュアEVのためのプラットフォームであるMEBに加え、2021年に登場する上級モデルのためのPPE(プレミアム・プラットフォーム・エレクトリック)、そしてそのさきのSSP(スケーラブル・システムズ・プラットフォーム)といったぐあいだ。

2021年4月には、MEBを使ったアウディ Q4 e-tronが登場予定。そのつぎにQ4 e-tron GT スポーツバックが控えている。「コンパクトカーセグメントにもピュアEVを出すことで、アウディの電気自動車の世界観を広くユーザーに知ってもらえるはず」とアウディではプレスリリースに書いている。

精悍なスタイリングが目をひくアウディe-tron GTクワトロ

グループ内で互いの資源を共有

これらはフォルクスワーゲンをはじめ、ポルシェなどグループ企業で共用。いわゆるシナジー(共同作用)を用いて効率を高める。フォルクスワーゲングループの研究開発担当取締役を兼任する立場のドゥスマンCEOは、フォルクスワーゲングループ全体が持っているリソースやテクノロジーを最大限に活用する目的で、「Artemis(アルテミス)」と名付けられた“ハイテクプロジェクト”を、2020年6月に立ち上げたのも記憶に新しい。

2029年までに75の電動化モデルを導入することを計画しているフォルクスワーゲングループにあって、アウディも最大限、リソースを提供していくということだ。むずかしいのは、そこにあって、いかにブランドの独自性を守っていくかだ。

ネッカーズルムのアウディ工場はピュアEV専門になる

車台は同じでも“味”は違う

今回のオンライン記者会見では、440kWの出力で、静止から100km/hまでを3.3秒で加速するRS e-tron GTを例にとって、「同程度の性能で同程度の価格ならポルシェ タイカンを選ぶ人が出てきても不思議ではないのだが」という質問がとび出した。

それに対して、「たしかにプラットフォームを共用してはいるものの、味つけが異なり、タイカンはスポーツカーであるのに対して、RS e-tron GTはグランドツアラーです」と、アウディ本社でセースルとマーケティングを担当するボードメンバーのヒルデガルト・ヴォートマン氏は回答。今後、グループ内でブランドをどう棲み分けていくか。消費者を納得させることを含めて、これも大きな課題なのだと感じさせたのだった。

各国のジャーナリストから質問が相次いだ年次記者会見

気になるRSの存続は・・・

一方、冒頭でも触れたとおり、クルマ好きとして気になるのは、アウディのスポーツモデルの行く末だ。TTとR8は、将来的にEVのスポーツモデルが同じような役割を担うことなる、と前出のヴォートマン氏。では、RSはどうなるのか。

「いま言えるのは、私たちは今後、エンジンの新規開発はしないということです。いまあるユニットを洗練させていき、馬力をあげつつ、燃費効率も向上させて、いつまでとはいえませんが、当分、ラインナップに残します。なにしろファンが多いですから」。ドゥスマンCEOは語った。これを聞いて、安心してしまうファンも少なくないのではないだろうか。