レッドブル・ホンダF1のペレス「テストで好感触。開幕戦の結果が楽しみだ」バーレーンGPプレビュー

 レッドブル・ホンダF1のセルジオ・ペレスは、移籍後初レースとなる2021年開幕戦バーレーンGPを楽しみにしている。優勝を狙えるチームに加入した彼は、バーレーンGPを「夢見てきた瞬間」と表現している。

 2011年にF1にデビューしたペレスは、2020年サクヒールGPで悲願の初優勝を挙げた。着実にポイントを持ち帰るドライバーとして高い評価を受けており、レッドブル・ホンダのタイトル争いにおいて大きな貢献をするものと期待されている。

2021年F1プレシーズンテスト セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1プレシーズンテスト セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

 ペレスは3日間のプレシーズンテストを振り返り、「とてもポジティブなテストだった。全体的なチェックを行う作業量がとても多いことを考えると、テストの時間はとても限られていたけれど、チームとしてしっかり準備ができたと思う」とチームのバーレーンプレビューリリースのなかで語った。

「レッドブルでの最初のレースが楽しみだよ。序盤2、3戦は、できる限り多くのことを学び、素早く物事に慣れていくためのプロセスになるだろう。そうすることで、今シーズンを戦う上でいい状況に身を置くことができる」

2021年F1プレシーズンテスト セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)
2021年F1プレシーズンテスト セルジオ・ペレス(レッドブル・ホンダ)

 ライバルとの序列についてテストで何らかのヒントを得たかという問いに対し、ペレスは慎重な答えを返した。

「何かを判断するのはまだ早い。状況を見ていくしかないね。他のチームが何をしているのかを理解しようとすればするほど、混乱に陥りかねない。だから今の時点で何かを読み取ろうとすることにはあまり意味はない。実際に予選を走った後で、全員のポジションを確認してみよう」

 開幕戦バーレーンGPについては「ずっと夢見ていたことだから、待ちきれない思いだ」とペレスは語っている。

「サーキットにファンの姿を見るのがものすごく楽しみだよ。ようやくレースができるという気持ちで、本当に楽しみにしている。リラックスして臨み、最大限の仕事をするつもりだ。どういう結果が出るのか、見てみよう」