変わりゆくポルシェの聖地、ツッフェンハウゼン。911と最新EVはいかにして生まれるか? 【Playback GENROQ 2019】

変わりゆくポルシェの聖地、ツッフェンハウゼン。911と最新EVはいかにして生まれるか? 【Playback GENROQ 2019】

Porsche in Zuffenhausen

ポルシェ・ツッフェンハウゼンファクトリー探訪

未来はここから始まる

ポルシェの本拠地であるシュツットガルト・ツッフェンハウゼン。66年にも及ぶ歴史を持つこのファクトリーが、911だけでなくタイカンなどのEVを生産する拠点として大きく変貌しつつある。すでにポルシェの未来は、ここで始まっているのだ。

ポルシェのツッフェンハウゼンファクトリー

「1953年から稼働、すべての911が生まれるツッフェンハウゼン」

今、プレミアムカーブランドで次世代モビリティに最も熱心なのがポルシェだ、と言っても過言ではないほど、最近のポルシェはEV時代への準備を着々と進めている。初の量産EVであるタイカンは2019年に生産を開始すると発表しているが、その生産拠点となるのがツッフェンハウゼンの工場だ。

ポルシェの本拠地であるシュットガルト・ツッフェンハウゼンのファクトリーは1953年から生産を開始。ポルシェはライプツィヒにも工場を持っているが、911は一貫してツッフェンハウゼンですべて生産されていることからもわかるように、ここはポルシェの精神的な拠り所だと言える。他にも718ボクスターとケイマンもツッフェンハウゼンで造られている。創業当初は320人ほどだった従業員も今は5000人を超え、1日あたり250台の車両と550基のエンジン、年間にすると5万台以上を生産している。

ポルシェのツッフェンハウゼンファクトリー

「面白いことにタイプ992とタイカンの両方が生産される」

そのツッフェンハウゼンが大きく変わりつつある。タイカンなどEVの生産と新型911(992)の導入にあたって新たにボディショップを建設するなど設備の拡張を行っているのだ。このEV生産のための投資だけでも7億ユーロ(約870億円)に上るという。そして現在約5000人の従業員も、2019年中には8000人に増やす予定だ。

面白いのは、新設されたボディショップでは992とタイカンの両方が生産されるということ。エンジン車と電気自動車が同じ建屋で組み立てられるというのは不思議な気もするが、ちょうど992とタイカンの生産開始がほぼ同時期となったこともあり、両方を生産することを前提とした効率的な工場を新設したということなのだろう。992生産に当たっては、3年もの準備期間を費やしているらしい。

ポルシェのツッフェンハウゼンファクトリー

「ハード面でもソフト面でも新たな時代に向けての動きが加速している」

タイカンの生産開始に伴い、ツッフェンハウゼン工場では現在デジタル化や無人搬送など、生産現場全体に新たなシステムを導入し始めている。この運動はポルシェ・プロダクション4.0と名付けられており、従業員には新たに6ヵ月の研修を行っているという。このようにハード面でもソフト面でも新たな時代に向けての動きが加速しているツッフェンハウゼン工場は、今まさに過渡期の状態にあるのだと言える。もちろん、いずれはタイカンに続く第二、第三のEVモデルの登場を見越してのことであるはずだ。また、近い将来には911へのバッテリー搭載も計画されているのかもしれない。

今回の取材では工場副社長のクリスチャン・フリードル氏が「エンジンに依存しない工場を目指す」と語った。911と718系の生産拠点、つまりポルシェの聖地的工場がエンジンへの依存をやめるというのだから、その決意は相当なものだ。ツッフェンハウゼン工場はポルシェの次世代モビリティを象徴する拠点となることは間違いない。

とはいえ、ポルシェ車の走りの魅力、楽しさが減ることはないだろう。今までポルシェのプロダクトが我々を失望させたことはないし、それは今後も変わらないはず。まずはここから生まれるタイカンの仕上がりを、楽しみに待つことにしよう。

ポルシェのツッフェンハウゼンファクトリー

さらなるポルシェ・クオリティの追求

ポルシェはもともとクオリティの高さに定評があるが、近年はその向上にさらに力を入れている。品質面での信頼性を高めるために、例えば新型911は摂氏マイナス35度の低温から摂氏85度の高温、海抜マイナス90mの低地から標高4350mの高地など、あらゆる状況下で約300万kmに及ぶ走行テストを実施した。品質を上げればクレーム、つまり保証に関わるコストが減るので、結果的にはコスト削減に繋がるという考えだ。

もちろん個々の車両の仕上がりに対しても同様。塗装チェックの現場を見せてもらったが、ちょっと見たくらいでは判別できないほどの小さな傷やムラなどもしっかりとチェックが入れられていた。特に室内は素材が51種類、300種類のパーツ、そしてサプライヤーが76社もあるので、11種類もあるカラーの色合いを揃えるのが大変なのだという。またEVになると乗員はますます音に敏感になってくるので、今後はノイズや振動の低減により一層注力していくとのことだ。

REPORT/永田元輔(Gensuke NAGATA)
PHOTO/Porsche AG

※GENROQ 2019年 3月号の記事を再構成。記事内容及びデータはすべて発行当時のものです。