BMWがLMDhプログラムを検討中と表明「とても良い規則。LMHより持続可能性がある」

 BMWが、2023年から正式採用されるIMSAウェザーテック・スポーツカー選手権の次期最高峰規定『LMDh』の評価・検討を継続している最新のマニュファクチャラーのひとつとして、浮上した。まもなく任命されるモータースポーツ・ダイレクターによると、BMWはこの新たなグローバルプラットフォームを「注視している」という。

 LMDh規則の車両は、WEC世界耐久選手権の最高峰ハイパーカークラスにも参戦することができ、WECおよびル・マン24時間レースで総合優勝を争うことも可能となる。

 Sportscar365の取材では、LMDhの参戦リストに加わるための最終合意に近づいているマニュファクチャラーが最大3ブランドあると見られているが、そのひとつとしてBMWが浮上してきた。

 BMWは近年、ツーリングカー、GT、および電動レースに重点をおいてきたが、2020/21シーズン限りでABB FIAフォーミュラE選手権から撤退、さらにはDTMについてもクラス1レギュレーションが終了したことで、2022年以降はグローバルなファクトリー・モータースポーツプログラムを失う状況となっている。

「市販車への技術転用の機会を使い切った」として、今季限りでのフォーミュラEからの撤退を発表しているBMW
「市販車への技術転用の機会を使い切った」として、今季限りでのフォーミュラEからの撤退を発表しているBMW

 4月1日に新たにモータースポーツ・ダイレクターの職を引き継ぐことになる、現在のレースおよびテストエンジニアリング・オペレーションの責任者、マイク・クラックによれば、BMWにとってLMDhは「可能性のあるオプションのひとつ」であるという。

「(LMDhは)議論の一部になっている」とクラックはSportscar365に対し語った。

「我々はそれを注視しているし、研究もしており、興味を持っている。我々はそれをとても良いレギュレーションだと考えている」

「現在の予算で、総合優勝を達成することができる。これは非常に魅力的だ」

「我々はすでに、数年前にIMSAと『DPi2.0』について話し合っていた。その時から、私はこれがとても良いアプローチだと思っていた」

「他のメーカーと同じように、我々が(LMDhを)注視していることはみんな知っているだろう」

「すでに我々よりもさらなるコミットを表明したメーカーもあるが、『すべての細かな動きについて、いちいちアナウンスしない』こともまた、我々の哲学の一部なんだ。通常、我々はもう少し保守的だ」

「我々はそれを注視しており、そして経営陣に提案している。さて、何が起こるだろうか」

 クラックは決定に関する詳細なタイムラインを示していないが、いくつかのオプションが検討されていることを示唆している。

 これには、2023年の(規則の)ローンチに間に合うよう、マシンがデビューする可能性も含まれている。

「我々は、最初からそこに参戦することの意味と、後から加わることの長所・短所が何であるかを検討する」とクラックは述べている。

「プログラムの規模に関しては、非常に大きな可能性のマトリクスがある」

「これらのクルマでどういった参戦機会があり、どんなタイムフレームで参戦できるか、何台のクルマなのか、カスタマーなのかファクトリープログラムなのか……といったことを確認する必要がある」

「これは大きなマトリクスになる。取締役会にさまざまなオプションを提供すべきだろう」

■BMWに加え、あと2メーカーも最終決定待ちか

 過去にはM8 GTE、DTM、フォーミュラEで3つのファクトリープログラムが同時に稼働していたにも関わらず、将来のモータースポーツの決定に関しては予算が厳しくなる可能性があることを、クラックは示している。

「BMWのようなブランドにおいては、トップクラスのひとつに参加することが期待されている。これは明白だ」と彼は語った。

「我々やフェラーリ、コルベットのようなブランドが参戦しているのに、それらが総合優勝を争っていないことを常に残念に思っていた」

「LMDhにはその可能性があるので、(参入を)検討する必要がある。だが、我々の周囲の世界が変化していることも忘れてはいけない」

「我々は過去に、とても予算のかかかるプログラムをいくつも行なってきた。これからは、どこに予算をかけていくのか、もっと注意して判断する必要があると思う」

「利用可能な出費は少ない。だから、何をしていくのか、何を利用できるのかを極めて慎重に評価する必要がある」

 ル・マン・ハイパーカー(LMH)規格のマシンの開発可能性を除外したかどうかと尋ねられると、費用対効果が高いためLMDhに「より関心がある」と、クラックは述べている。

「我々はそのことを慎重に検討しており、LMDhはLMHよりも持続可能性がある(サスティナブルである)と思っている」

 このBMWに加え、GM、そして現在LMDhの議論に関与している別の非公表マニュファクチャラーにおいても、取締役会レベルの決議待ちの状態であるとSportscar365は理解している。

 これら3マニュファクチャラーが参戦を決定すれば、すでに参入を表明しているアキュラ、アウディ、ポルシェと並んで、LMDhのマニュファクチャラー数は6社となる。

現在IMSA・GTLMクラスに参戦しているBMW M8 GTE
現在IMSA・GTLMクラスに参戦しているBMW M8 GTE