日本導入は今夏! オペルのクロスオーバーSUV「グランドランドX」改良型で改名へ

■C型LEDデイタイムランニングライトを備える新しいヘッドライトを装備

オペルの欧州Cセグメント・クロスオーバーSUV「グランドランドX」改良型プロトタイプをカメラが初めて捉えました。

オペル グランドランドX_002
オペル グランドランドX 改良型 プロトタイプ

グランドランドXは、「モッカX」「クロスランドX」に続くXシリーズ(クロスオーバーSUV)第3弾として2018年に発売、日本市場でも今夏から導入される予定で、これが初の大幅改良となります。

オペル グランドランドX_001
オペル グランドランドX 改良型 プロトタイプ

モッカ クロスオーバーの隣で捉えたプロトタイプは、下部グリルが大きく、上部グリルが大幅に小さくなっていることがわかります。

また、C型LEDデイタイムランニングライトを備える新しいヘッドライトを装備、よりシャープなフロントエンドに進化することが予想されています。

そのほか、新しいボディカラーやホイールデザインが設定されるほか、キャビン内ではトリム類に見直しが行われるはずです。

パワートレインは、最高出力224hpおよび300hpを発揮する2つのプラグインハイブリッド、最高出力130hpを発揮する1.5リットルターボチャージャー付きディーゼルエンジン、最高出力130hpと180hpを発揮するガソリンユニットなどがキャリオーバーされる見込みです。

なお、改良型ではクロスランド同様に「X」の表記を排除し、「グランドランド」として発売されることが濃厚となっています。

(APOLLO)