大湯都史樹がラストアタックで首位を奪う。SF富士公式合同テスト1日目午後

 全日本スーパーフォーミュラ選手権の第2回公式合同テストは3月23日、富士スピードウェイでセッション2が行われ、大湯都史樹(TCS NAKAJIMA RACING)が午前に行われたセッション1の最速タイムを上回る1分21秒371のトップタイムを記録した。2番手には福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)、3番手にはトヨタ勢トップの平川亮(carenex TEAM IMPUL)がつけている。

 午後もぶ厚い雲が覆う23日午後の富士スピードウェイ。手元の計測で気温11度、湿度46%というコンディションのなか、セッション2は定刻通りとなる13時20分からスタートした。

 気温も上昇し、路面コンディションも午前より改善されている状況のなか、セッション開始から7分で山本尚貴(TCS NAKAJIMA RACING)が1分22秒台を記録すると、福住、笹原右京(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)が1分22秒台に続いた。

 セッション開始から18分が経過したところで、関口雄飛が午前中と同じ、ピットロード出口でマシンをストップさせてセッションは赤旗中断となった。約10分後にセッションが再開されると、その直後に大湯が1分21秒864を記録してトップに浮上する。

 その後は大きなアクシデントもなく、各陣営は着々とメニューをこなし、セッション後半に差し掛かると福住が大湯のタイムを上回る1分21秒808を記録してトップに浮上した。

 セッションの終盤には予選シミュレーションを行うため、各車続々とピットでニュータイヤに履き替えてコースインするなか、タチアナ・カルデロン(ThreeBond Drago CORSE)がアウトラップを走行中、最終コーナーでマシンを止めてしまい、2度目の赤旗が掲示された。これによりセッションは10分間延長されることとなり、この10分間でアタック合戦が繰り広げられることになった。

 残り3分のところで福住が1分21秒722を記録。続いて平川がアタックしたが、1分21秒857で福住のタイムに及ばず。そのままセッションは終了かと思われた矢先、大湯が最終アタックで1分21秒371を記録して首位を取り戻した。

 2番手には福住、3番手には平川、4番手に1分22秒014を記録した宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)、5番手に1分22秒184を記録した野尻智紀(TEAM MUGEN)が続いている。

 富士スピードウェイで行われているスーパーフォーミュラ第2回公式合同テスト。続くセッション3は24日8時50分から、セッション4は24日14時10分からそれぞれ2時間で行われる。

2021年スーパーフォーミュラ富士公式テスト 福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
2021年スーパーフォーミュラ富士公式テスト 福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
2021年スーパーフォーミュラ富士公式テスト 平川亮(carenex TEAM IMPUL)
2021年スーパーフォーミュラ富士公式テスト 平川亮(carenex TEAM IMPUL)
2021年スーパーフォーミュラ富士公式テスト 宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)
2021年スーパーフォーミュラ富士公式テスト 宮田莉朋(Kuo VANTELIN TEAM TOM’S)
2021年スーパーフォーミュラ富士公式テスト 野尻智紀(TEAM MUGEN)
2021年スーパーフォーミュラ富士公式テスト 野尻智紀(TEAM MUGEN)
2021年スーパーフォーミュラ富士公式テスト ストップしてしまったタチアナ・カルデロン(ThreeBond Drago CORSE)
2021年スーパーフォーミュラ富士公式テスト ストップしてしまったタチアナ・カルデロン(ThreeBond Drago CORSE)