家族の支えも力に変えて、さらなる飛躍と初優勝を目指す福住仁嶺【2021年SFドライバー紹介】

 2021年シーズンの全日本スーパーフォーミュラ選手権は4月3〜4日に富士スピードウェイで開幕を迎える。第1戦を前に、2021年シーズンを戦うスーパーフォーミュラのドライバーたちのこれまでのレースキャリアやドライバーとしての特徴などを紹介する。今回は2月22日に結婚を発表し、家族の支えも力に変えてさらなる飛躍を目指す福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)だ。

 今シーズンもDOCOMO TEAM DANDELION RACINGから参戦する福住仁嶺。2015年までは国内レースに参戦していたが、2016年に活動の場をヨーロッパに移し、GP3(現FIA-F3)に参戦を開始。デビュー戦となった第1戦スペインでは3位表彰台を獲得し、翌2017年には2勝してランキング3位に入った。

 2018年にはレッドブルアスリートの一員に選ばれ、FIA-F2にフル参戦。同時に日本のスーパーフォーミュラにも4戦エントリーし、スーパーライセンスポイント獲得を狙ったが、F2では展開に恵まれないこともあり、ランキング17位に終わる。またスーパーフォーミュラでも、歯車をかみ合わすことができず、4戦ともノーポイントで終わった。

 2019年からは日本に拠点を戻し、スーパーフォーミュラのみならずスーパーGTにも参戦を開始。初年度はARTAからGT300クラスにフル参戦し、高木真一とともにシリーズチャンピオンに輝いた。翌2020年はGT500クラスにステップアップし、野尻智紀とともに8号車ARTA NSX-GTをドライブ。常に速さはみせるものの、なかなか結果につながらず苦しい前半戦を過ごしたが、第7戦もてぎで初優勝を飾り、パルクフェルメでは号泣した。

 一方、スーパーフォーミュラではDOCOMO TEAM DANDELION RACINGに加入。2019年は最終戦鈴鹿で3位表彰台に上がるなど安定した活躍をみせ、チームタイトル獲得に貢献した。2020年はさらに力強い走りをみせるも、展開に恵まれないレースもあり苦戦。第6戦鈴鹿で2位表彰台を手にしたが、目標としていた優勝を飾ることができず、悔しさの残るシーズンとなった。

 また、2019年のシーズン途中から関谷正徳氏がプロデュースするインタープロトシリーズにも参戦を開始しており、2020年にはシリーズチャンピオンを獲得した。その勢いで、2021年はスーパーフォーミュラ、スーパーGTともにさらなる飛躍を目指す1年となる。

 プライベートでは、2月22日に人気YouTuberの佐藤あやみさんとの結婚を発表。家族の支えも力に変えて、昨年以上に力強い走りが期待できそうだ。

■スーパーフォーミュラ:2020年シーズン戦績

出場:7回
優勝:0回
2位:1回
3位:0回
ポールポジション:0回
エンジン:ホンダ
獲得ポイント:30
獲得有効ポイント:29
ランキング:8位

福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)
福住仁嶺(DOCOMO TEAM DANDELION RACING)