「ここまで過激なトヨタ86はそうはいない!」超ディープリムを飲み込む究極系ロースタイル

「ここまで過激なトヨタ86はそうはいない!」超ディープリムを飲み込む究極系ロースタイル

超過激なリム深度を完全攻略!

超ロワードスタイルでも走る・曲がる・止まるの三要素は確保

86&BRZをインパクト系路線にモディファイさせる上において、今や世界的なスタンダードとなっている感も強いのがロケットバニー/パンデムのボディキット。今回スポットを当てたマシンのオーナーもこのキットに魅了された一人だ。

ノーマル車体からのフルカスタムを予定していたところ、ロケバニ仕様の86を手放すユーザーがいるとの情報が知り合いを通じて届き、そのクルマを譲り受けることになったという。当初は多少の乗り辛さも「改造車だから仕方ない」と目をつぶっていたそうだが、不満が徐々に蓄積。そこで門を叩いたのが、知る人ぞ知る福岡の老舗シャコタンショップ“原タイヤ”だった。

インスタなど、SNSでは攻めの極低仕様を披露している同店だが、信条としているのはスタイリッシュなロワードフォルムと、走る・曲がる・止まるという三要素の連立。最初は走行部分に関するセッティングの見直しがメインのはずが、打ち合わせを進めるにつれて次第にヒートアップ。これを機に、前オーナーのイメージが色濃く残った仕様から一歩抜け出すべく、フルリメイクが行なわれることとなった。

まずリメイク計画の核となったのが、ホイールの変更。「誰とも被らない1本を…」と、オーナーが選択したのがUS鍛造ブランド“ブラダ”のTR-1(18インチ)。サイズはフロントが11Jマイナス28、リヤが12.5Jマイナス61という、ロケットバニーのワイドボディをもってしてもパツパツの極太サイズ。深リム具合についても、斜め後ろからではディスク面が全く見えない激深ぶりだ。

サイドステップもほぼ着地状態。尻上がりにならず、フロントからリヤにかけてキッチリと水平を保ちながら落とすテクニックも原タイヤが拘っている部分。簡単なようで実はとても難しい技術だ。

ボディラインの流れを大切にする原タイヤのセンスの見せ所のひとつ。本来はドアマウントの純正ドアミラーを、サイドウインドウの小窓部分に移設。中途半端な小窓も消え去り、スッキリ感が倍増している。ぜひ、オリジナルパーツとして設定してもらいたいが、あくまでワンオフの提案とのこと。

リヤスポイラーはロケットバニーのバージョン3。トランクリッドのエンブレムの他、ルーフのシャークアンテナもスムージングする。これらの狙いは不要な突起物を無くすことで、ラインの平滑さを保つため。なお、プレートにある“STADDICT”は原タイヤのオフィシャルカークラブの名だ。

そして、この圧倒的な迫力を最大限に見せつけるべく、足回りやボディの大規模工事を敢行。ボディカラーをアストンマーティンのロイヤルインディゴ(濃紺)に一新させるため、フェンダーパネルが車体から一旦切り離されたタイミングで、インナーフェンダー内の成型など、徹底的なスペースの確保&干渉対策を実施して、スペーサーに頼らない完璧なフィッティングを実現している。

サスペンションシステムは前後ともにイデアルのマキシマムダウンエアサスを使用している。

リヤフェンダーのアーチは、エアサスをフルダウンさせた状態でリムがキッチリ真円に見えるように20mm切り上げている。このリムとアーチの紙一重のクリアランスも大きなポイントだ。

フロントのロワアーム&テンションロッドをメーガンレーシングの調整式に変更。エアバッグの干渉に配慮しつつ、ピロアッパーをギリギリまで倒すことで、キャンバー角を11度に設定。この他、フロントのブレーキ関係はGC8用に交換されている。

サイドシル先端部分の出っ張りはカット。インナーは天井部分を40mmほど引き上げた他、保護用の鉄板プレートも装着。その他、ヘッドライト裏側部分も一部加工。これらの対策により、ステアリングの全切りが可能となった。

リヤの調整式アームは326パワーのロワアームと、メーガンレーシングのトーコントロールアームの組み合わせ。キャンバー角は10度に設定する。

クスコの9点式ロールケージやブリッドのフルバケットシートなど、レーシー路線でまとめられたインテリア。ステアリングはレナウンのバックスキン仕様。シフトレバーはライクワイズのデイトナブラックだ。USブランドを随所に投入することで、ドメスティックさを排除している。

「見た目からは想像しにくいかもしれませんが、長距離でも疲れ知らず。ステアリングも全切りできるようになったので、本当に気軽に乗れるようになりました」とはオーナー。

次なるステップは、このグラマラスなフォルムに相応しいだけのパフォーマンスの確立。ターボやスーパーチャージャーなど過給機の追加はもちろん、エンジンスワップにも興味があるらしく、さらなるアップグレードに期待が持てそうだ。

PHOTO:内藤正美

●取材協力:原タイヤ工業所 福岡県直方市植木306-1 TEL:0949-28-2800