横浜ゴム、「ヨコハマVRショールーム」を公開。360度の仮想空間でカスタムカー&製品をヴァーチャル体験

横浜ゴム、「ヨコハマVRショールーム」を公開。360度の仮想空間でカスタムカー&製品をヴァーチャル体験

「安全に楽しんで欲しい」という願いから生まれた新提案

横浜ゴムは、カスタムカーやコンセプトタイヤを360度VR体験できるウェブコンテンツ「ヨコハマVRショールーム」を、横浜ゴムのホビータイヤサイト内の特設ページを通じて公開した。

「ヨコハマVRショールーム」は、グローバル・フラッグシップブランド「ADVAN(アドバン)」、SUV・ピックアップトラック用タイヤブランド「GEOLANDAR(ジオランダー)」の製品やカスタムカーを好きな角度から眺めることができ、さらにそれらの説明や関連動画も楽しめるウェブコンテンツ。新型コロナ感染症拡大の影響により、クルマ関連を含めた多くのイベントが中止されているが、今回横浜ゴムが提案する「ヨコハマVRショールーム」は、自動車ファンに向けて、安全かつ時間や場所にとらわれず、楽しんでもらいたいという想いから考えられたコンテンツになる。

カーショーのブースの雰囲気を忠実に再現

カーショーのブースに見立てた特設ステージには、ハイパワー・プレミアムカー向けの高性能タイヤ「ADVAN Sport V107」のコンセプトモデルを装着したポルシェ911カレラや、「ADVAN NEOVA」のコンセプトモデルを装着したトヨタ スープラ、マッドテレーンタイヤ「GEOLANDAR M/T G003」を装着したニッサン フェアレディZなど、5台のカスタムカーを展示。いずれも360度好きな角度から眺めることが可能なほか、詳しい説明や関連動画に素早くアクセスすることができる。さらに「ADVAN Racing」のアルミホイールも数多く展示されている。

スマートフォンやタブレットからのアクセスも可能

最新のVR技術を用いたこともあり表示はリアル感に富んでおり、その場に自分がいるかのような錯覚を覚えるほど。お気に入りの角度や部分的なアップも自由自在だ。PCからのアクセスに加えて、スマートフォンやタブレット端末からのアクセスも可能。自動車ファンに楽しんでもらえる魅力的なコンテンツに仕上がっている。