限定わずか7台。SVO専用デザイン採用の『レンジローバー』特別仕様車が受注開始

 ジャガーとランドローバー両社の高性能モデル、車両カスタマイズ製品、少量生産の限定モデルの製作を担う特別部門としておなじみとなった、スペシャル・ビークル・オペレーションズ(SVO)。その名称を関した、ブランドの旗艦SUV『RANGE ROVER(レンジローバー)』の特別仕様車『RANGE ROVER SVO DESIGN EDITION 2021(レンジローバー SVOデザインエディション2021)』が日本にも上陸。そのSVOが設計・開発を手掛けたボディキット“SVOデザインパック”を装備し、限定わずか7台という希少性を持つモデルが、3月19日より受注開始となっている。

 この新たな限定モデルは、2017年、2019年にも限定15台で導入されたSVOの特別仕様車が好評を博したことを受け実現した第3弾モデルの位置付けとなり、5リッターV型8気筒スーパーチャージド・ガソリンを搭載した“VOGUE”をベースとしている。

 そのSVO製キットを装着したエクステリアは、サントリーニブラックのカラーに、フロントバンパー、フロントグリル、サイドベント、サイドシル・クローティング、リヤバンパー(インテグレーテッド・テールパイプ)からなる“SVOデザインパック”を組み合わせ、全体をブラックで統一。

 さらにシャドーアトラスのアクセントを随所に施し、シグネチャーDRL付きのピクセルLEDヘッドライトや、グロスダークグレイ、コントラストダイヤモンドターンドフィニッシュの22インチ “スタイル9012” 9スプリットスポークの隙間からはブラックに塗装されたブレーキキャリパーが覗くなど、重厚感のあるレンジローバーのスタイルをより一層際立たせている。

 インテリアカラーにはエボニーを採用し、グランドブラックのパネルや、ステアリングホイールにウッドとレザーの素材を組み合わせ、シックで落ち着いた空間を提供。

 さらにイルミネーション付メタルトレッドプレートには『RANGE ROVER』のスクリプトが刻まれ、車内空間に快適性を提供する前席ヒーター&クーラー、後席電動リクライニング&ヒーター付きの20ウェイ電動シートや、PM2.5フィルター付きの空気イオン化テクノロジーなど、厳選されたアクセサリーを搭載した。

 また、ヘッドアップディスプレイやドライバーアシストパックなど、ドライバー支援システムも充実させ、導入は全7台で価格は2100万円(消費税込み)となっている。車両の詳細についてはランドローバーの公式ホームページ(https://www.landrover.co.jp/offers-and-finance/landrover-special-cars/range-rover-svo-de-2021.html)まで。