日本語も積極的に勉強中。今季の台風の目となるか、サッシャ・フェネストラズ【2021年SFドライバー紹介】

 2021年シーズンの全日本スーパーフォーミュラ選手権は4月3〜4日に富士スピードウェイで開幕を迎える。第1戦を前に、2021年シーズンを戦うスーパーフォーミュラのドライバーたちのこれまでのレースキャリアやドライバーとしての特徴などを紹介する。今回は決勝での安定した走りに定評があり、日本でのレース活動3年目を迎えたサッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)だ。

* * * * * * * * *

 ヨーロピアンF3やフォーミュラ・ルノーで活躍し、2019年から日本のシリーズに積極的に参戦しているフェネストラズ。日本のカテゴリーで成功することを目標にしており、来日初年度には全日本F3選手権に参戦した際も、「目標はスーパーフォーミュラにステップアップすることだ!」と意欲を見せていた。

 そのための努力の一環として、都内にマンションを借りて日本で生活をし、日本語も積極的に勉強。今では簡単な会話であればコミュニケーションが取れるくらいにまで上達している。また、走行後もチームと徹底的にデータをチェックし、非常に勉強熱心な一面もある。

 全日本F3選手権では参戦初年度から活躍をみせ、開幕戦の鈴鹿でデビューウィンを達成。シーズン後半は宮田莉朋と激しいバトルを繰り広げた末に、シリーズチャンピオンを獲得した。

 2020年には念願のトップカテゴリーにステップアップし、スーパーフォーミュラではKONDO RACINGに加入。スーパーGTではTGR TEAM au TOM’SからGT500に参戦した。

 特にスーパーGTでは開幕戦からルーキーとは思えない安定した走りをみせて、序盤3戦連続で表彰台を獲得する活躍を披露。最終的にチャンピオンにこそ手が届かなかったが、シリーズランキング4位を獲得し、存在感あるパフォーマンスをみせた。

 一方のスーパーフォーミュラでも開幕戦でいきなり予選2位、決勝3位に入り、周囲の注目を集めたが、第2戦以降は不運なアクシデントに見舞われ続ける。第2戦岡山、第3戦SUGOではオープニングラップでの接触でリタイアとなり、その後もレース序盤で姿を消してしまうことが多かった。

 本人にとっては、特にスーパーフォーミュラにおいて非常に歯車の噛み合わないシーズンとなってしまったが、予選一発での速さに加えて、決勝での安定した走りという部分での評価は高く、2021年は間違いなく台風の目となりそうだ。

■スーパーフォーミュラ:2020年シーズン戦績

出場:7回
優勝:0回
2位:0回
3位:1回
ポールポジション:0回
エンジン:トヨタ
獲得ポイント:19
獲得有効ポイント:19
ランキング:13位

ポールを獲得した平川の車両を見つめるサッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)
2020年第2戦岡山でポールを獲得した平川の車両を見つめるフェネストラズ(KONDO RACING)
サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)
サッシャ・フェネストラズ(KONDO RACING)