DSのフラッグシップSUV「DS 7 クロスバック」に、プラグインハイブリッド4WDモデルを追加

DSのフラッグシップSUV「DS 7 クロスバック」に、プラグインハイブリッド4WDモデルを追加

DS 7 CROSSBACK E-TENSE 4×4

DS 7 クロスバック E-TENSE 4×4

ラグジュアリーとテクノロジーの融合から生まれた新感覚SUV

グループPSAジャパンは「DS 7 CROSSBACK(DS 7 クロスバック)」に、プラグインハイブリッド4WDを搭載した電動化モデル「DS 7 CROSSBACK E-TENSE 4×4(DS 7 クロスバック E-TENSE 4×4)」を追加設定した。

DS7CROSSBACK_E-TENSEフロントスタイル

DS 7 クロスバックは、PSAが展開するラグジュアリーブランド「DS」のフラッグシップSUV。フランス文化をイメージし生み出された上質感溢れるエクステリアとインテリアに加えて、最先端テクノロジーが注がれたADAS(先進運転支援システム)や、路面状況を判断し減衰力を自動コントロールするアクティブスキャンサスペンション、さらに力強いパワースペックを発揮する最新ガソリン/ディーゼルターボの採用など、2018年に国内導入されて以来ラグジュアリーとテクノロジーを巧みに融合させた新世代モデルとしても大きな注目を集めている。

ハイブリッドシステム

システム総合出力300ps超えの高性能モデル

今回導入されるDS 7 クロスバック E-TENSE 4×4は、フォーミュラEレーシングチーム由来の技術が注がれる“E-TENSE”プラグインハイブリッド(PHEV)に、前後協調制御タイプの4WDシステムを組み合わせた電動化モデル。

1.6リッター“PureTech”ガソリンターボ(200ps/300Nm)にフロントモーター(81.2kW)とリヤモーター(83kW)を組み合わせたプラグインハイブリッドは、システム総合出力300ps/520Nmを発揮。ガソリンエンジンの低速トルクを前後モーターが補うことで実現する俊敏な加速も持ち味で、0-100km/h加速は5.9秒を記録する。さらに路面状況に応じて緻密な協調制御も行う前後モーターの働きもあって、オフロードで安定した走りを実現するほか、オンロードでも洗練されたドライブフィールが楽しめるという。

充電イメージ

電動駆動単独でも、56kmの走行が可能

搭載するリチウムイオントラクションバッテリーの容量は13.2kWh。内燃機関を一切使わないゼロエミッション走行が可能なEVモードでは、WLTCモードで56kmの走行が可能。燃費は14.0km/L(ハイブリッド燃料消費率)になる。

ボディカラーは、新設定されたE-TENSE専用色のクリスタルパールのほか、ブルーアンクル、ブランナクレ、ブランバンキーズを設定。パノラミックサンルーフも標準装備される。

キャビン空間イメージ

DSらしさがあふれるインテリア

インテリアはオフホワイトのレザーをあしらったRIVOLIインスピレーション仕様になり、シート(シートヒーター&ベンチレーション付き)やドアトリム、インストゥルメントパネルにはダイヤモンドステッチが加飾されるなど、所有欲を大いにそそるキャビン空間に仕立てられている。

【車両本体価格(税込)】

DS 7 クロスバック E-TENSE 4×4 グランシック:732万円

【主要機能/装備】

・ドライブモード(ハイブリッド/コンフォート/スポーツ/4WD/エレクトリック)

・HiFi スピーカー(FOCAL Electra)

・ナビゲーションシステム/ETC/TV チューナー

・DS アクティブスキャンサスペンション

・アクティブセーフティブレーキ(被害軽減ブレーキ)/ディスタントアラート(夜間 ・ サイクリスト検知)

・DS コネクテッドパイロット(トラフィックジャムアシスト/レーンポジショニングキープ付)、アクティブクルーズコントロール(ブレーキサポート付)/スピードリミッター

・アクティブブラインドスポットモニター

・トラフィックサインインフォメーション

・eリモートコントロール

・普通充電ケーブル

・E-TENSE 専用ボンネットバッジ

・DS アクティブ LED ビジョン(配光モード自動切替機能付)

・インテリジェントハイビーム

・デイタイムランニングライト

・20インチアロイホイール(TOKYO)

・B.R.M. アナログ時計

・レザーシート(パールグレー)フロントシートヒーター/ベンチレーション

 

【問い合わせ】

DSコール

TEL 0120-92-6813