可夢偉の僚友ジョンソンのクラッシュで赤旗終了。姉妹車31号車キャデラックがセブリング予選PPを獲得

 3月19日、IMSAウェザーテック・スポーツカー選手権第2戦セブリング12時間レースの公式予選がセブリング・インターナショナル・レースウェイで行われ、ピポ・デラーニ駆るウェレン・エンジニアリング・レーシングの31号車キャデラックDPi-V.R(フェリペ・ナッセ/マイク・コンウェイ/デラーニ組)がポールポジションを獲得した。

 開幕戦デイトナから約2カ月、計5クラス全37台が参加しているシーズン第2戦の舞台は、世界屈指のバンピーな路面で知られるセブリングだ。元空軍基地をサーキットに転用した同地でのレースウイーク2日目は、決勝のグリッドを決める公式予選が4セッションに分けて行われた。

 その最後のセッションとなったDPi/LMP2クラスの予選でも、前日に実施された3回のプラクティスすべてで最速タイムを刻んだ31号車キャデラックが速さをみせた。デラーニがステアリングを握るウェレンカラーのキャデラックは15分のセッション半ばに1分46秒前半のタイムで暫定首位に立つ。

 残り7分となったところで開幕戦のウイナー、リッキー・テイラー駆る10号車コニカミノルタ・アキュラARX-05が1分45秒571というタイムで逆転。しかしその2分後、デラーニは一気にタイムを縮め1分45秒354をマーク。再逆転を許したテイラーも1分45秒464の自己ベストで応戦するもコンマ1秒強届かず、31号車のポールが決まった。

 予選3番手にはランガー・バン・デル・ザンデがドライブした、キャデラック・チップ・ガナッシ・レーシングの01号車キャデラックDPi-V.Rが続き、この上位3台のみが1分45秒台のタイムを記録。マツダ・モータースポーツの55号車マツダRT24-Pはセカンドロウ4番手から決勝を迎えることになった。
 
 なお、このセッションは最終盤に、小林可夢偉のチームメイトであるジミー・ジョンソン駆るアリー・キャデラック・レーシングの48号車キャデラックDPi-V.Rが、最終コーナーでクラッシュを喫したことで赤旗終了になっている。セブリング初参戦のNASCARスターがバンプの洗礼を浴びたかたちだ。

 DPiクラスとの混走で争われたLMP2クラスでは、37台目として追加エントリーしてきたWINオートスポーツの11号車オレカ07・ギブソンがポールポジションを獲得。スティーブン・トーマスのドライブで1分51秒103を記録している。

 2番手はPR1・マティアセン・モータースポーツの52号車オレカ07、3番手には開幕戦を制したEraモータースポーツの18号車オレカが続いた。

コニカミノルタ・アキュラARX-05
コニカミノルタ・アキュラARX-05
予選セッション最終盤にクラッシュを喫したアリー・キャデラック・レーシングの48号車キャデラックDPi-V.R
予選セッション最終盤にクラッシュを喫したアリー・キャデラック・レーシングの48号車キャデラックDPi-V.R
PR1・マティアセン・モータースポーツのスティーブン・トーマス(11号車オレカ07・ギブソン)
PR1・マティアセン・モータースポーツのスティーブン・トーマス(11号車オレカ07・ギブソン)

■LMP3、GTLM、GTDのポール争いはコンマ1秒以下の接戦に

 クラス単独出走となったLMP3は僅差の争いとなり、パフォーマンステック・モータースポーツの38号車リジェJS P320・ニッサンを駆るラスムス・リンが記録した1分56秒001に対し、フォーリー7・モータースポーツが走らせる7号車デュケインD08が対抗する。

 7号車に乗り込んだオリバー・オスキューはチェッカー周でのラストアタックで1分56秒066をマークするも、トップタイムには0.065秒届かず。最終的に38号車リジェのポールが確定した。

 GTLMクラスはシボレー・コルベットC8.R勢によるタイムアタック合戦が繰り広げられ、これを1分54秒910というタイムで制したアントニオ・ガルシア駆る3号車コルベットがクラスポールを奪取した。

 トミー・ミルナーの4号車コルベットは0.034秒差の2番手となり、1分55秒台のタイムでBMWチームRLLの25号車、24号車BMW M8 GTEがセカンドロウを確保。前日のプラクティスではクラス最速となったウェザーテック・レーシングの79号車ポルシェ911 RSRはトップから1.2秒遅れの最後尾に沈んだ。

 単独走と、GTLMとの混走の2セッションを走ることになったGTDクラスでは、グリッドを決める前半の単独走でライト・モータースポーツの16号車ポルシェ911 GT3 Rが2分00秒077をマークしてポールを決めたかに見えた。しかし、最終盤にGRT・グラッサー・レーシング・チームの19号車ランボルギーニ・ウラカンGT3エボが逆転。ティム・ジマーメンが2分00秒010を記録し0.067秒差でポールポジションを奪ってみせた。

 一方、予選ポイントが与えられる後半の混走セッションでは、ジャック・ホークスワースが乗り込んだバッサー・サリバンの14号車レクサスRC F GT3が1分59秒247のベストタイムをマーク。ローレンス・ファントール駆るパフ・モータースポーツの9号車ポルシェ911 GT3 Rがこれに続き、ポールシッターの19号車ランボルギーニが3番手となっている。

 2021年シーズン第2戦『第69回モービル1・セブリング12時間・プレゼンテッド・バイ・アドバンス・オートパーツ』の決勝は3月20日10時10分(日本時間23時10分)にスタートが切られる予定だ。レースの模様はJ SPORTSJ SPORTSオンデマンド、公式ストリーミングIMSA.tvで視聴することができる。

パフォーマンステック・モータースポーツの38号車リジェJS P320・ニッサン
パフォーマンステック・モータースポーツの38号車リジェJS P320・ニッサン
GTLMクラスの予選は3号車(奥)と4号車(手前)コルベットの一騎打ちに
GTLMクラスの予選は3号車(奥)と4号車(手前)コルベットの一騎打ちに
コルベット・レーシングの3号車シボレー・コルベットC8.R
コルベット・レーシングの3号車シボレー・コルベットC8.R
GRT・グラッサー・レーシング・チームの19号車ランボルギーニ・ウラカンGT3エボ
GRT・グラッサー・レーシング・チームの19号車ランボルギーニ・ウラカンGT3エボ
バッサー・サリバンの14号車レクサスRC F GT3
バッサー・サリバンの14号車レクサスRC F GT3
2021年IMSA WSCC第2戦セブリング12時間 決勝スターティンググリッド
2021年IMSA WSCC第2戦セブリング12時間 決勝スターティンググリッド(PDF)