1,000馬力超え確実!ラ・フェラーリ後継モデル、新開発ハイブリッド搭載か!?

■ルーフラインが調整されているほか、新設計のエンジンカバーを装着

フェラーリが開発中と見られる「ラ・フェラーリ」後継モデル市販型の最新プロトタイプをカメラが捉えました。

ラ・フェラーリ_004
ラ・フェラーリ後継モデル 開発車両

キャッチしたプロトタイプは、フロントバンパーのコーナーに新設計されたエアインテークを装備、ボンネットにあるエアスクープはほとんど目立たなくなっているほか、サイドのエアインテークもコンパクトかつ新形状となるなど、アペルタやベースのラ・フェラーリと比較して、根本的に異なるフロント&サイドビューが確認できます。

ラ・フェラーリ_009
ラ・フェラーリ後継モデル 開発車両

後部では、センターに設置されていたプランシングホースバッジやフォグランプを備える柱がなくなっているほか、クワッドエキゾーストパイプが上を向いていることが見てとれます。

そのほか、ルーフラインが調整されているほか、新設計のエンジンカバーを装着しています。

ただし、最終生産型ではボディパネルのほとんどが交換されるはずなので、これらは変わることが濃厚です。ラ・フェラーリがセンターロックホイールなのに対し、プロトタイプは5つのラグナットを備えており、フードの青い三角形のステッカーが電化されることを示唆しています。

パワートレインは不明ですが「HY-KERS」に代わる新開発ハイブリットシステムを搭載するとみられています。ラ・フェラーリが6.3リットルV型12気筒エンジン+電気モーターにより949hpを発揮したことから、後継モデルは1,000hpを大きく超えてくると予想されます。

ラ・フェラーリ後継モデルのデビューは早くとも2022年、遅れれば2023年となるでしょう。

(APOLLO)