スバル インプレッサ次期型、デザイン大予想! レヴォーグから巨大ディスプレイを移植か?

■「Dynamic x Solid」の進化系「BOLDER」デザインを反映

スバルは、主力モデル『インプレッサ』次期型の開発に着手したとみられますが、その情報を元に予想CGを制作しました。

スバル インプレッサ_001
スバル インプレッサ 次期型 予想CG

初代インプレッサは1992年に発売、ハッチバック、セダン、そしてスポーツワゴンも設定されていました。第5世代となる現行モデルは2016年に登場、「SUBARU GLOBAL PLATFORM」が初めて採用されました。2019年の大幅改良を経て、いよいよ第6世代へバトンタッチとなります。

スバル インプレッサ_005
スバル インプレッサ 現行モデル

次期型では、「Dynamic x Solid」の進化系「BOLDER」デザインを反映させたデザインを採用するとともに、若干ボディが拡大されます。

ポイントとなるフロントからサイド、リヤまで入ったスリットにより躍動感と立体感を演出、アンダー部分周りはウイング状のスカートが採用される可能性がありそうです。またヘッドライトもコの字タイプをより進化させたシャープなデザインになるほか、グリル&開口部はより大型化し、迫力ある顔つきに。

さらに、ライトから繋がる縦型のスリットタイプのデュフューザーがサイドを引き締めるというエクステリアが予想されます。

キャビン内では、「レヴォーグ」に搭載されている11.6インチ縦型独立インフォテイメントディスプレイをセンターに配置するほか、フルデジタルインストルメントクラスタが装備されます。

パワートレインは、1.6リットル水平対向4気筒エンジン、および2.0水平対向4気筒エンジン+モーターの「e-BOXER」ハイブリッドモデルがキャリーオーバーされる見込みですが、新たにレヴォーグの1.8リットルDOHC 直噴ターボ「DIT」のダウンサイジングバージョンとなる1.5リットルターボエンジンが設定される可能性がありそうです。

安全装備では、「アイサイト」最新世代バージョン、上位モデルは「究極のぶつからないクルマ」を目指す「アイサイトX」を搭載、3D高精度地図データにより、正確なレーンキープを実現、カーブ前での減速、渋滞時のハンズオフ走行などをアシストします。

インプレッサ次期型はハッチバックとセダン「G4」をラインアップ、2022年秋のデビューを目指します。

(APOLLO)